【間違えやすい】ご心労 の意味と使い方・例文

ご心労 の意味と使い方・例文

スポンサードリンク

「心労」とは、「心配」または「精神的疲労」という意味です。相手や話題の対象となっている第三者が、年長者や立場が上の人、その他敬意を払うべき人である場合は、敬意を表す接頭語の「御」を付けて「ご心労」という謙譲表現にします。

「心労」は、「心配」・「悩み」・「気疲れ」などとほぼ同義語ですが、それらと比較するとかなり硬い言葉であり、自分の精神状態について使うと大袈裟な物言いになりますので、余り使うことはありません。しかし、他人に関してはよく使われる言葉であり、特に目上の人に対しては、会話や書簡文の中で思い遣りの気持ちをこめて「ご心労」が普通に使われます。


ご心労の例文

ご心労のほどお察し申し上げます。

皆様におかれましては、さぞご心労のことと拝察申し上げます。

ご家族のご心労いかばかりかと胸が痛みます。

ご心労が多々おありかと家内も心配いたしております。

ご心労が絶えませんね。

ご心労が重なり、さぞお疲れのことでしょう。

ご心労を重ねてしまい申し訳ございません。

私事ですが、このところ心労が重なっておりまして・・・

心労が募ります。

ご心労が募っておられることでしょう。

ご心労が絶えず、気の休まる暇がないでしょう。

スポンサードリンク

「ご心労」の敬語表現

目上の方に対して「ご心労」を使う場合は「ご心労」または「御心労」と書きます。

どちらであっても伝えたい気持ちに変わりはありません。しかし文章にするのであれば「ご心労」と書くと少しやわらかい雰囲気になりますし、「御心労」と書くと重々しい印象にすることができます。相手の方との関係性や、相手が感じている心労の度合いなどによって使い分けると良いでしょう。

また、相手が目上の方でなくても「ご心労」は使うことができます。口頭でも文章でも、改めて相手にお詫びをしたり、気持ちをかけたいときには「ご心労」を使って問題ありません。大変な想いをした部下や同僚などへの手紙やメールなどでも「ご心労はいかばかりかとお察しします」などとすることで、立場を越えて相手を思いやる気持ちを伝えることができます。

「ご心労」と併せて使う言葉

「重なる」

「ご心労が重なり、さぞお疲れのことでしょう」
「ご心労を重ねてしまい申し訳ございません」
「私事ですが、このところ心労が重なっておりまして」

など「重ねる」という言葉と併せて使うことで「心配ごとがいくつもある」「たびたび疲れる」という状態を表すことができます。

「重ねる」は「かさむ」と言い換えても同じ意味で使えます。「ご心労がかさんでおられるのではありませんか」などとすることで「幾重にも心労が重なってしまっているでしょう」という意味になります。「かさむ」とは「かさばる」などと同じで、何かが多くて手に余る、混雑するという意味です。「心労がかさむよ」と言えば、一言で他にも心配ごとを抱えているということが伝えられます。

「募る(つのる)」

「ご心労」と「募る」を一緒に使うと、心の中にある心配ごとへの思いがどんどん高まって行く様子を表すことができます。

「心労が募ります」
「ご心労が募っておられることでしょう」

などと使います。

イメージとしては、心の中にある心配ごとが停滞している状況ではなく、刻一刻と変化し続け、その変化によって更に気が落ち着かない、いう状況です。今まさにそのできごとのまっただ中にいる、というイメージも伝えることができます。

「絶えない」

「ご心労」と「絶えない」を一緒に使うと「一つ終わったと思ったら、また次の心配ごとが出てくる」という状態を表せます。「心労が絶えず疲れます」「ご心労が絶えず、気の休まる暇がないでしょう」などと使います。

心配ごとがまるで波のように次々と押し寄せているような状態は、まさに心労の絶えない状態です。他にも「絶え間のない心労」「心労が止まず」などと表すこともできます。


「察する」

相手が心労を抱えていることを知っている上で、その苦労を推し量る気持ちを表す場合は「察する」という言葉と一緒に使うと良いでしょう。「ご心労お察しします」などは、かなり頻繁に使われる表現です。「あなたの心労はわかっています」「想像できています」と、相手の気持ちに寄りそっていることを相手に伝えられます。

「察する」は自分が心労を抱えている場合にも使えます。「私の心労を察してほしい」などとすれば、相手に対して「もっと気持ちに寄り添ってほしい」と注文を出すこともできます。しかし「心労」と「察する」を自分について使うと、やや相手を非難する表現になるので使う状況には注意しましょう。

「たたる」

「心労」と「たたる」を一緒に使うと「心労によって何か別のことが起きた別のこと」という意味になります。「心労がたたったのか体を壊してしまった」「あまりご心労を溜めるとお身体にたたります」などです。主には「体の不調」を表すことが多いでしょう。

「たたる」とは、怨霊などの「祟り」と同じ意味です。心労のせいで祟られてしまうのではないか、という少し大げさな例えとして「たたる」という言葉が使われています。「そんなに心配ばかりしていると、体を壊してしまうよ」「心配ごとが原因で病気になってしまった」という状況と同じです。

「ご心労」の類語

「心痛(しんつう)」

「心痛」とは、文字の通り「心を痛める」という意味です。心配ごとによって心が痛くなる様子を表しています。この「心痛」は自分に対しては使わず、自分以外の人に向けてのみ使います。また、使えるシーンも限られており、主にはお悔やみの場で使われます。

「この度はご愁傷様でございます、さぞご心痛でいらっしゃるでしょう」など、心配ごとよりももっと大きな不幸などについての心の痛みに使われます。そのため、ビジネスシーンや日常の会話では使いません。

「気苦労」

「ご心労」と似た言葉で、比較的気軽な会話に使えるのが「気苦労」です。「気苦労が絶えません」「気苦労ばかりしています」など、近況報告のひとつとして使われることも多い言葉です。「気苦労」は深刻な心配ごとではなくても使えますし、やや謙遜の意味や軽い自虐として使うこともできます。

ただし、この「気苦労」は相手の心配ごとには使いません。相手の心配ごとが軽いものだとわかっている場合でも「それはご心労ですね」または「お互い苦労が絶えませんね」など自分と同じ位置、または相手を自分よりも高い位置に置いた言葉を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク



いつも応援ありがとうございます。
もしこのサイトが、お役にたてたら...いいね♪やツイート♪をよろしくお願いします♪(^.^)


この記事のタグ

サイト内関連記事

【知らないと失礼】ご清祥/ご健勝/ご清栄/ご繁栄/ご盛栄/ご発展/ご隆昌 意味の違いと使い分け
清祥・健勝・清栄・繁栄・盛栄・発展・隆昌などは、書簡文の冒頭のあいさつで、相手の......
【間違いやすい】ご査収の意味と使い方
ご査収の意味と使い方 「査収」とは、調べて受け取るという意味です。相手に送ったも......
【間違いやすい】取り急ぎ の意味と使い方
「取り急ぎ」の意味 「取り急ぎ」とは、本来は「取り敢えず」と同じ意味で、急いで、......
【間違いやすい】ご多用・ご多忙・お忙しいところの違いと使い分け例文
ご多用・ご多忙・お忙しいところの違いと使い分け例文 先方に用件を伝えるあるいは申......
【間違えやすい】賜るの意味・使い方と例文
賜るの意味・使い方と例文 賜る(たまわる)という言葉は、物をもらうとか恩恵を受け......
【間違えやすい】略儀ながらの意味・使い方と例文
略儀ながらの意味・使い方と例文 略儀という言葉は、儀礼・作法を簡略にしてとか、一......
【間違えやすい】貴殿・貴台・貴公の意味と使い分け
貴殿・貴台・貴公の意味と使い分け 貴殿・貴台・貴公は、いずれも男性が男性に対して......
ご愛顧の意味・使い方と例文
ご愛顧の意味・使い方と例文 ご愛顧は、ご贔屓(ごひいき)やお引き立てと同義であり......
【知らないと失礼】「ご自愛ください」 の正しい意味と使い方と例文
手紙文で使うご自愛くださいという言葉は、自分の健康に気をつけるという意味です。た......
【間違えやすい】時下 の読み方と意味・使い方・例文
時下 の読み方と意味・使い方・例文 時下は、「じか」と読みます。目下(もっか)と......
間違った使い方に注意!「存じます」の正しい意味と使い方・例文
存じます の意味と使い方・例文 「存じます」は、「思います」という意味の敬語表現......
【間違えやすい】申し上げます の意味と使い方・例文
申し上げます の意味と使い方・例文 「申し上げます」は、本来、「言う」の謙譲表現......
【間違えやすい】おります/います の違いと使い分け・例文
おります/います の違いと使い分け・例文 「おります」と「います」は、ぞれぞれの......
【間違えやすい】いたします の意味と使い方・例文
いたします の意味と使い方・例文 「いたします」は、「する」の謙で語「いたす」に......
【間違えやすい】末筆ながら の意味と使い方・例文
末筆ながら の意味と使い方・例文 「末筆ながら」は、手紙文で結びの言葉(末文)の......
【間違えやすい】致しますと申し上げますの使い分け・例文
致しますと申し上げますの使い分け・例文 「致します」と「申し上げます」は、本来の......
【間違えやすい】当方 の意味と使い方・例文
当方 の意味 当方とは、自分の属している企業・団体・グループなどを指す言葉です。......
【目上へ】お引き立て の意味と使い方・例文
お引き立て の意味と使い方・例文 「お引き立て」は、「ご愛顧」と同義語です。企業......
【目上へ】お喜びとお慶びの違いと使い分け・例文
お喜びとお慶びの違いと使い分け・例文 伝統的な時候の挨拶では、「お喜び申し上げま......
【目上へ】ご指導ご鞭撻のほど の意味と使い方・例文
ご指導ご鞭撻のほど の意味と使い方・例文 「ご指導ご鞭撻のほど」とは、「指導や激......
【目上へ】承知しました の意味と使い方・例文
承知しました の意味 「承知しました」は、ただ単に知った、理解したということでは......
【間違えやすい】拝見しました の意味と使い方・例文
拝見しました の意味と使い方・例文 「拝見しました」は、先方の文書・図面・書簡な......
【目上へ】ご高配 の意味と使い方・例文
ご高配 の意味と使い方・例文 「ご高配」は、相手の心配りについて敬意をもって表現......
間違ってませんか「恐れ入ります」 の2つの意味と使い方・例文
恐れ入ります の意味と使い方・例文 「恐れ入ります」は、「恐縮です」とほぼ同義の......
目上には「幸いです」+「存じます」? 幸いですの意味と使い方・例文
幸いです の意味と使い方・例文 「幸いです」は、相手への依頼の文面で使用し、相手......
【目上へ】この度 の意味と使い方・例文
この度 の意味と使い方・例文 「この度」は、「今度」・「今回」という意味です。 ......
【目上へ】ご支援の意味と使い方 例文
ご支援の意味と使い方 「ご支援」という言葉の使用例としては、依頼状で金銭的・経......
【目上へ】ひとかたならぬの意味と使い方 例文
ひとかたならぬの意味と使い方 「ひとかたならぬ」は、非常に古い文語表現なのです......
【目上へ】何卒 の意味と使い方・例文
何卒 の意味と使い方・例文 何卒(なにとぞ)は、「どうか〜してください」という意......
【目上へ】平素 の意味と使い方・例文
平素 の意味と使い方・例文 平素とは、「普段」、「平常」という意味であり、「いつ......
目上に対する「所存」の意味間違ってませんか?【例文あり】
所存 の意味と使い方・例文 所存とは、「思う」・「考える」の謙譲語である「存ずる......
例文要注意「謹啓」の正しい意味と使い方
謹啓 の意味 謹啓は、手紙文の冒頭の言葉で、漢語です。訓読すると「謹(つつし)み......
【目上へ】ご丁重 の意味と使い方・例文
ご丁重 の意味と使い方・例文 丁重(ていちょう)は、丁寧とほぼ同義の言葉です。相......
【目上へ】お心づくし の意味と使い方・例文
お心づくし の意味と使い方・例文 心づくし(心尽くし)には、真心や好意のこもって......
知らなきゃ損「幸甚」の正しい意味と使い方・例文
幸甚 の意味と使い方・例文 幸甚(こうじん)とは、漢語で「幸いなること甚(はなは......
次第です の意味と使い方・例文
次第ですの例文 スケジュールでは工場見学の後にホテルのレストランで昼食の予定でし......
【間違えやすい】ひとえに・偏に の意味と使い方・例文
ひとえに・偏に の意味と使い方・例文 ひとえに(偏に)は「一重に」であり、「唯一......
【間違えやすい】拝察 の意味と使い方・例文
拝察 の意味と使い方・例文 拝察は、推察することを相手に対してへりくだって言う謙......
【失礼になる?】心ばかり の意味と使い方・例文
心ばかり の意味と使い方・例文 心ばかり(心許り)とは、自分の気持ちの一端を表し......
【目上へ】〜の上 の意味と使い方・例文
〜の上 の意味と使い方・例文 「〜の上」あるいは「〜の上で」という言い回しは、「......
【目上へ】〜の折 の意味と使い方・例文
〜の折 の意味と使い方・例文 「〜の折」は、時間を指し示す表現として、季節や時節......
【失礼になる?】ご笑納 の意味と使い方・例文
ご笑納 の意味と使い方・例文 ご笑納は、贈り物をするときに、「粗末な品ですが笑っ......
ご高覧 の意味と使い方・例文
ご高覧 の意味と使い方・例文 ご高覧とは、相手を敬って使う「見る」の敬語表現です......
要注意!「恐縮です」の意味と使い方・例文
恐縮です の意味 恐縮という言葉は、本来は、文字通り恐れから身がすくむ状態を意味......
運びとなりました の意味と使い方・例文
運びとなりました の意味と使い方・例文 「運ぶ」という言葉には、物事が滞らずに「......
【失礼にならない?】差し出がましい の意味と使い方・例文
「差し出がましい」という言葉は相手に対しておせっかいなことをしたり言ったりする、......
要注意「ご愁傷様」は一緒に使う言葉が大事です。ご愁傷様 の意味と使い方・例文
ご愁傷様 の意味と使い方・例文 「ご愁傷様」とは、人の死を悼んで遺族に述べるお悔......
【目上へ】お言葉に甘えて の意味と使い方・例文
お言葉に甘えて の意味と使い方・例文 「お言葉に甘えて」は、「好意に甘える」・「......
【目上へ】いささか の意味と使い方・例文
いささか の意味と使い方・例文 「いささか」は、「わずかばかり」「少しだけ」「ち......
【目上へ】是非 の意味と使い方・例文
是非 の意味と使い方・例文 「是非」(ぜひ)は漢語由来の言葉です。漢文では「是」......
【目上へ】心身ともに の意味と使い方・例文
心身ともに の意味と使い方・例文 「心身ともに」とは、「心も体も」・「精神的に......
【目上へ】参ります の意味と使い方・例文
参ります の意味と使い方・例文 「参ります」は、謙譲語の「参る」に丁寧語の「ます......
【目上へ】伺う の意味と使い方・例文
「伺う」は、自分の行為をへりくだって表現することにより相手や話題中の人物などへの......
【目上へ】ご配慮 の意味と使い方・例文
ご配慮 の意味と使い方・例文 「配慮」とは、気を遣う、気を配ることであり、「気配......
【間違えやすい】お心遣い の意味と使い方・例文
お心遣い の意味と使い方・例文 「心遣い」とは、気を遣う、気を配ることであり、「......
【間違えやすい】お力添え の意味と使い方・例文
お力添え の意味と使い方・例文 「力添え」とは、「手助け」・「助力」・「協力」・......
「遅ればせながら」と合わせて必要な言葉とは?遅ればせながらの意味と使い方・例文
遅ればせながら の意味と使い方・例文 「遅ればせながら」という言葉は、「遅れる」......
【間違えやすい】早々 の意味と使い方・例文
早々 の意味と使い方・例文 「早々」は、「はやばや」と読むのが古くからの慣用読み......
【間違えやすい】重々 の意味と使い方・例文
重々 の意味と使い方・例文 「重々」(じゅうじゅう)は「重重」とも書き、「何度も......
【間違えやすい】なお の意味と使い方・例文
なお の意味と使い方・例文 「なお」は、「ますます」・「さらに」のような強調の意......
【間違えやすい】誠に の意味と使い方・例文
誠に の意味と使い方・例文 「誠に」は、「ほんとうに」・「まさに」といったニュア......
【間違えやすい】記〜以上 の意味と使い方・例文
記〜以上 の意味と使い方・例文 「記〜以上」は、書類の中で伝達事項の詳細を箇条書......
【間違えやすい】ご承知置きください の意味と使い方・例文
ご承知置きくださいの意味と使い方 「ご承知置き」は、動作性漢語名詞の「承知」で「......
【間違えやすい】ご無沙汰 の意味と使い方・例文
ご無沙汰 の意味 「ご無沙汰」の「沙汰」は、「消息」や「便り」のことであり、「ご......
その「各位」は失礼だった?各位の正しい意味と使い方・例文
各位 の意味と使い方・例文 「各位」とは、多数の人に対して、それぞれに敬意を払っ......
【目上へ】「御臨席」と「御列席」の使い分け・意味と例文
「御臨席」と「御列席」の使い分け・意味と例文 「列席」とは、出席することであり、......
【目上へ】「謹んで」と「慎んで」の使い分け・意味と例文
「謹んで」と「慎んで」の使い分け・意味と例文 「謹」と「慎」、その文字の由来はと......
要注意!「ご容赦ください」の正しい意味と使い方【例文あり】
ご容赦ください の意味と使い方・例文 「容赦」(ようしゃ)とは、「受け入れる」・......
ご承知おきとお含みおきはニュアンスが違う?正しい意味と使い方・例文
お含みおき の意味と使い方・例文 「含みおく」とは、「心に留めおく」という意味で......
【目上へ】〜ながらの意味・使い方と例文
〜ながらの意味・使い方と例文 「ながら」という言葉は、古く万葉仮名の時代からあっ......
知らないとヤバイ「比喩・暗喩」の意味と例文
比喩・暗喩の意味と例文 比喩は、元来、「譬喩」(ひゆ)と表記されてきました。「譬......
【目上へ】益々の意味・使い方と例文
益々の意味・使い方と例文 益々は、数量や程度が増すことを意味する動詞「益す」を二......
【目上へ】お手数をおかけしますの意味・使い方と例文
お手数をおかけしますの意味・使い方と例文 「お手数をおかけします」とは、「ご面倒......
間違えやすい「折り入って」の意味と使い方・例文
折り入って の意味と使い方・例文 今は使われることがありませんが「折り入る」とい......
【目上へ】〜の際の意味と使い方・例文
〜の際 の意味と使い方・例文 日常的な会話や文書の中で「〜の際(さい)」という言......
【目上へ】お祈り申し上げます の意味と使い方・例文
お祈り申し上げます の意味と使い方・例文 「お祈り申し上げます」という言葉は、メ......
【目上へ】お申し付け下さい の意味と使い方・例文
お申し付け下さい の意味と使い方・例文 「申し付ける」は、命じる・命令するという......
間違えやすい「了承」 の意味と使い方・例文
了承 の意味と使い方・例文 「了」は了解・納得することを意味し、「承」は「承(......
【目上へ】お蔭さまの意味と使い方・例文
お蔭さまの意味と使い方・例文 お蔭さま(御蔭様)は、常用漢字で「お陰さま」とも書......
【目上へ】ご笑覧の意味と使い方・例文
ご笑覧の意味と使い方・例文 「ご笑覧」は、通常「ご笑覧ください」という言い方で使......
間違えやすい「拝覧」の意味と使い方・例文
拝覧の意味と使い方・例文 拝覧は、拝観や拝見と同義語です。いずれも訓読みすると「......
間違えやすい「ついでながら」の意味と使い方・例文
ついでながらの意味と使い方・例文 「ついでながら」の「ついで」は、漢字で「序で」......
間違えやすい「あたかも」の意味と使い方・例文
あたかもの意味 「あたかも」は、よく似ている物事にたとえるときの副詞で、「ちょう......
間違えやすい「今後とも」の意味と使い方・例文
今後ともの意味と使い方・例文 「今後とも」とは、「これからも」という意味です。「......
間違えやすい「抜き差しならない」の意味と使い方・例文
抜き差しならないの意味と使い方・例文 「抜き差し」とは、「対処」・「取り計らい」......
間違えやすい「重ねて」の意味と使い方・例文
重ねての意味と使い方・例文 「重ねて」とは、同じことを二度繰り返すときの副詞であ......
間違えやすい「ひとしお」の意味と使い方・例文
ひとしおの意味と使い方・例文 「ひとしお」は、「ひときわ」という意味の副詞です。......
【例文あり】おかれましてはの意味と使い方
おかれましてはの意味と使い方・例文 「おかれましては」は、敬意を払うべき人名やそ......
間違えやすい「ありき」の意味と使い方・例文
ありきの意味と使い方・例文 「ありき」とは、文語の「あり」(有り・在りの連用形......
文中と文頭で違う!つきましては の使い方・例文
つきましてはの意味 「つきましては」を仮名漢字混じりで表記すると「就きましては」......
間違えやすい「しかしながら」の意味と使い方・例文
しかしながら の意味と使い方・例文 「しかしながら」は、先に述べたこととは反対の......
間違えやすい「いずれにせよ」の意味と使い方・例文
いずれにせよ の意味と使い方・例文 「いずれにせよ」は、「どれ」・「どちら」の意......
間違えやすい「お見それしました」の意味と使い方・例文
お見それしました の意味と使い方・例文 「お見それしました」の「見それ」は、動詞......
間違えやすい「思い・想い・念い」の意味と使い分け・例文
思い・想い・念いの意味と使い分け・例文 「思い」は、「思うこと」・「考え」・「感......
間違えやすい「より・から」の使い分けと例文
より・から の使い分けと例文 「より」と「から」の違いは? 動作や状態の起点を示......
間違えやすい「で・にて」の使い分けと例文
で・にて の使い分けと例文 唐突ですが、「スプーンで召し上がる」は、「スプーンに......
間違えやすい「早い・速い」の意味・使い分けと例文
早い・速い の意味・使い分けと例文 「早い」は、時間の経過についての概念です。「......
手紙の書き方の基本と例文
手紙の書き方の基本と例文 明治時代になって新しい国語が確立するまで、日本語には句......
手紙の頭語・結語の種類と使い方
手紙の頭語・結語の種類と使い方 手紙の頭語は、王朝時代や封建時代の身分制社会にお......
間違えやすい「時節柄」の意味と使い方・例文
時節柄 の意味と使い方・例文 「時節柄」の「時節」には、気象や風景の変化によって......
間違えやすい「ご厚意・ご厚情・ご温情・ご恩情」の意味と使い分け・例文
ご厚意・ご厚情・ご温情・ご恩情の意味と使い分け 「ご厚意」・「ご厚情」・「ご温情......
手紙での贈り物の呼び方 種類と例文
手紙での贈り物の呼び方 種類と例文 礼状、祝い状、見舞状などで贈り物について書く......
間違えやすい「ご尽力」の意味と使い方・例文
ご尽力の意味と使い方 「尽 力」を漢語として読み下すと、「力を尽くす」となります......
「痛み入ります」の使い方間違ってませんか?正しい意味と使い方・例文
痛み入りますの意味と使い方 「痛み入る」は、心の痛みを感じるという意味の動詞「痛......
間違えやすい「造作ない の例文と意味・使い方
「造作ない」の意味と使い方 「造作ない」は、「ぞうさない」と読みます。造作と......
【例文あり】あしからずの意味と正しい使い方とは?
「あしからず」という言葉は古語から来ている言葉で、漢字で「悪しからず」とも書き......
間違えやすい「おいでになる」の意味と使い方・例文
「おいでになる」の意味とは 目上の人のいくつかの行動について「おいでになる」とい......
間違えやすい「お気遣い」の意味と使い方・例文
「お気遣い」の意味とは 「お気遣い」は口頭や文章内のどちらでも使われる、相手への......
間違えやすい「ご教示」の意味と使い方・例文
「ご教示」とは 仕事などで、技術や知識を教えてもらいたい時にあなたは何と言ってお......
間違えやすい「ご健勝」の意味と例文・使い方
「ご健勝」の意味とは ビジネス文書や口頭などでも使われる「ご健勝」という言葉は、......
間違えやすい「ご清祥」の意味と例文・使い方と類語
「ご清祥」の意味とは 「ご清祥」には「健康で幸せである」という意味があります。手......
間違えやすい「ご多幸」の意味と使い方・例文
「ご多幸」の意味とは 主に改まった席や文面で使われる「ご多幸」は「幸が多い」と......
間違えやすい「ご入用」の意味と使い方/例文
「ご入用」の意味とは 「ご入用(ごいりよう)」という言葉は「聞いたことがあるよう......
先般の意味と例文 使い方
「先般」の意味 この「先般」は主に文章内や特に改まった席で使われる言葉で「この間......
「拝啓〜敬具」の意味と使い方/類語
「拝啓」「敬具」の意味 相手へのお礼状や、贈答品へ添える手紙などで目にすることが......

▲このページのトップへ

HOME

例文を検索!(例)お礼状 例文