【これは失礼?】電報の書き方とマナー

電報の書き方とマナー

電話が現在のように普及して以来、実用的な通信手段としての電報のニーズは極めて小さなものとなりましたが、「祝電」・「弔電」という形で現在も盛んに利用されています。

祝電は、お祝いのメッセージを送るための電報です。そのような祝い事として、受賞・叙勲などの祝賀パーティで祝電が披露されることもありますが、一般には結婚式の祝電が最も馴染み深いものだと思います。

一方、弔電は、葬儀の場で読み上げられる電報です。いずれも、結婚式や葬儀に参加できない人が、お祝いやお悔やみの気持ちを伝えるために送ります。

祝電や弔電には、こう書かなければならないというルールはありませんが、書く上でのマナーや、送り方のマナーはあります。書く上でのマナーとして代表的なものが、「忌み言葉」です。

婚礼の祝詞や葬儀の弔詞として意味的にふさわしくない言葉ですから、使わないように注意しましょう。

  • 【婚礼の忌み言葉】 切れる 別れる 離れる 戻る・戻す など
  • 【葬儀の忌み言葉】 再び 再三 重ねて 続いて など
  • 【婚礼・葬儀に共通する忌み言葉】 重ね重ね 度々 またまた しばしば など

送り方のマナーで重要なのが、送り先と配達日です。婚礼の場合、宛名は通常、新郎新婦かその両親としますが、送り先は一般に披露宴を行う式場とします。

弔電の場合も、宛名は喪主名か「ご遺族様」としますが、送り先は葬儀会場の斎場・寺院あるいは自宅とします。

配達日は、婚礼・葬儀の前日が理想ですが、間に合わない場合は、式開始の少なくとも1時間前には届くように手配しましょう。