【知らないと失礼】弔電の正しい送り方

弔電の正しい送り方

弔電は、葬儀に参列する人でもお悔やみの言葉を早く伝えたいときに利用しますが、多くの場合は、葬儀に参列できない人が弔意を伝えるために利用するものです。従って、できる限り葬儀に間に合うように送るべきです。

もし、とても葬儀の開始までに間に合わないと思うときは、無理せずにお悔やみ状を郵便で送った方が誠意が伝わるでしょう。

弔電は、NTTの電報サービスの場合、電話を使って全国共通115番で申し込みすることができ、郵便局のレタックスも、日本郵便のコールセンターに電話して申し込むことができます。

しかし、今このページをご覧の方には、インターネット(PC・携帯)による申し込みの方が簡単・便利です。電話による申し込みは受付時間が限られているのに対し、インターネットなら24時間いつでも申し込みが可能です。

NTT東日本・西日本はそれぞれに電報サイト「D-MAIL」を開設しています。東西「D-MAIL」のサービスは、オプションサービス(デザイン台紙、フラワー電報など)の内容が一部異なりますが基本的に共通であり、料金も同じです。

また、日本郵便のレタックスは、ホームページの「Webレタックス」のページから申し込めます。どちらも配達予定日時を確認することができるので、葬儀に間に合うように送ることができます。

「VERY CARD」や「ハート電報」の弔電サービスも、NTT・日本郵便に劣らず充実しています。NTTの「D-MAIL」にはプリザーブドフラワーとセットになったフラワー電報がありますが、「VERY CARD」や「ハート電報」では生花の花飾りを注文することができます。

特に「VERY CARD」の場合には、祭壇に飾る本格的な供花まで注文できます。遠い地方の葬儀会場に弔電とともに供花を届けてもらえるのは、とても便利なサービスです。