【目上へ】お礼・感謝の言葉の例文一覧

お礼・感謝の言葉4つのグループ

現在、手紙文やビジネス文書で使われているお礼・感謝の言葉(フレーズ)には、以下のように形容詞の「ありがたい」と名詞の「お礼」・「感謝」・「恐縮」、以上 4種類の言葉のグループがあります。(※ 俗語・流行語・幼児語などは除きます。)

(1)「ありがたい」系のお礼・感謝の言葉

  • ありがたく存じます
  • ありがとうございます

(2)「お礼」系のお礼・感謝の言葉

  • 御礼申し上げます
  • お礼の言葉もございません
  • お礼の申し上げようもございません
  • 何とお礼を言って良いか分かりません

(3)「感謝」系のお礼・感謝の言葉

  • 感謝いたしております
  • 感謝の念に堪えません
  • 感謝の気持ちを言葉では言い尽くせません
  • 深謝いたします
  • 拝謝いたします

(4)「恐縮」系のお礼・感謝の言葉

  • 恐縮いたします
  • 痛み入ります

「お礼・感謝」の言葉と一緒に使うと良い言葉

「お礼・感謝」の言葉は、それだけでも気持ちを伝えることが可能です。しかし、ただお礼の言葉を口にしただけでは、気持ちが伝わりきらないと感じることもあります。

そんな時には「お礼・感謝」の言葉の前に、後に来る言葉を強める一言を付け加えると良いでしょう。

心より・深く

「心より」「深く」は「感謝します」「お礼申し上げます」などの前につけることが多い言葉です。

「心よりお礼申し上げます」「心より感謝いたします」「深くお礼申し上げます」「深く感謝いたします」など、「心より」「深く」のどちらかを使って表してもよいですし、「心より深く」として同じように使うこともできます。

誠に・大変

「誠に」「大変」は「ありがとうございます」と一緒に使うことが多い言葉です。

「誠にありがとうございます」「大変ありがとうございます」などとして、相手への強いお礼の気持ちを表します。

ただし「誠に」と「大変」は併せて使うことはできません。「誠に大変ありがとう」などとは使いませんので注意しましょう。

お心遣い・お気遣い

「お心遣い」「お気遣い」とは、相手が自分のためを思ってしてくれたという、その気持ち自体を表します。そのため「に」という助詞と、「感謝いたします」「お礼申し上げます」などと一緒に使います。

「お心遣いに感謝いたします」「お気遣いにお礼申し上げます」などと使うことが多い言葉です。

「お礼・感謝」の気持ちを強める類語

「お礼・感謝」の言葉を強める言葉を使う以外にも、より大きく深いお礼や感謝を伝える方法があります。それは「ありがとう」や「感謝します」など以外の違う言葉を使うというものです。

深謝(しんしゃ)

「深謝」とは、文字通り「深く感謝する」という意味です。「深謝」という一言で「誠にありがとう」「深く感謝」以上の感謝の気持ちを表すことができます。

ただし「深謝」は基本的には文章でしか使いません。口頭では「深謝申し上げます」などとは使いませんので、注意しましょう。

文章で使う場合は「ご温情に深謝申し上げます」など、何に深謝しているのかを明確にして使います。

また、「深謝」の「謝」は「謝罪の謝」でもあります。「深謝」をお詫び文に使うと「深いお詫び」「心からの謝罪」という意味になるので、文章の目的によって使い分けるようにしましょう。

拝謝(はいしゃ)

「拝謝」とは、「拝むように感謝する」という意味です。手を合わせて感謝する様子をそのまま言葉にしています。

「拝謝」も「深謝」と同様に、通常は文章内で使われる言葉です。ごく稀に、改まった式典などでは口頭で使われることもありますが、一般的なビジネスシーンであれば文章内に限った方が無難でしょう。

また「拝謝」には「深謝」と違って、お詫びの意味はありません。「拝むように謝罪する」と誤った解釈をしないことも大切です。

お礼の言葉もございません

相手にお礼や感謝の気持ちを伝える場合には、何らかの言葉を選ぶのが通用です。しかし、お礼や感謝の内容によっては「どの言葉でも言い足りない」「こんなありきたりなお礼の言葉では気持ちを伝えきれない」と感じることもあるでしょう。

その場合は、「お礼の言葉もございません」という自分の気持ち自体をお礼・感謝の言葉にすることもできます。

「何から何までお世話になって…こんなお気遣いまでいただくとは、お礼の言葉もございません」などとすれば、具体的なお礼・感謝の言葉を伝えなくても、本当に伝えたい気持ちが届きやすくなります。

目上の人への「お礼・感謝」で注意すること

正しい敬語を使う

「お礼・感謝」を伝えるときに、もっとも気になるのは「どんな言葉でお礼を伝えるか」ということです。しかし、お礼や感謝の気持ちを正しく伝えたいのであれば、言葉や文章の全体に注意を払いましょう。

特に「敬語」は重要です。どんなに感謝をしていて、お礼の言葉をいくつも重ねたとしても、敬語が間違っていると言葉や文章自体に重みがなくなってしまいます。

少なくとも「敬語」「謙譲語」をしっかりと使い分けて、相手に失礼のない内容とすることを心がけましょう。

何についての「お礼・感謝」であるかを明確にする

「お礼・感謝」を相手に伝える場合は、「何についてのお礼・感謝」なのかということを、明確に言葉や文章にしましょう。

ただ「ありがとうございました」「感謝いたします」と繰り返すだけでは、相手へ気持ちを届けることができません。

「この度は細やかなご配慮を賜り、誠にありがとうございました」など、何について感謝をしていて、何についてお礼を言いたいのか、ということを具体的にすることがポイントです。

「お礼・感謝」は迅速に伝える

「お礼・感謝」を伝えなくてはならない事象が発生したら、なるべく早くお礼や感謝を伝えることも意識しておきましょう。

たとえば、クライアントに招待された食事会のお礼であれば翌日の午前中までには行う、という具合です。

迅速にお礼や感謝を伝えることまで含めて「お礼・感謝」であることを意識すると良いでしょう。

メールや電話での「お礼・感謝」は時間に注意する

先方へ「お礼・感謝」を伝える手段が、電話やメールの場合は時間帯にも注意が必要です。

早朝・深夜の電話やメールは相手に迷惑を掛ける可能性が高くなります。また、仕事関係のお付き合いであれば、忙しい時間帯なども考慮して避けるようにします。

相手の都合がわからない場合は始業から2時間ほど空けて連絡すると良いでしょう。メールの場合は、一見いつ送信しても良いように感じがちですが、人によっては会社のメールをスマホなどに転送していることもあります。

メール着信音が鳴っても問題がなさそうな時間帯を選んで送信しましょう。

「ありがたい」系の例文

娘のことをお気に掛けていただいて大変ありがたいのですが、今はそっとしておいて下さい。
過分なるお心遣いをいただき誠に有難く存じますが、幸いにして損害がことの外軽微でしたので、ご援助のお申し出はご辞退申し上げます。
※ このように漢字熟語を多用する硬い文面で「有難く」を仮名書きの「ありがたく」としても違和感はありません。
この度は、次男の就職のことでお骨折りを頂き、誠にありがとうございました

「お礼」系の例文

日頃より一方ならぬご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
※ このような硬い文面で「御礼」と書いた場合の読みは、一般に「おんれい」です。「御礼」の後に「を」を入れて「御礼を申し上げます」としても間違いではありませんが、慣例として「御礼申し上げます」が一般的です。
先生にそのようなことまでして頂き、お礼の言葉もございません
この度は何くれとなくご相談に与って頂いたお蔭で、無事に進行係の大役を果たすことができました。誠にお礼の申し上げようもございません
私などのために大変な無理をしていただいて、何とお礼を言って良いか分かりません

「感謝」系の例文

部長の長年にわたるご厚誼とご指導に心より感謝申し上げます
この度は新規事業への全面的なご支持を賜り、感謝の念に堪えません
この成果は貴社の多大なご支援の賜物であり、感謝の気持ちを言葉では言い尽くせません
創業以来五十有余年、御社より頂いた変わらぬご厚情に深謝致します
※ 「深謝」は、非常に深く感謝することです。
平素より過分なるお引き立てに与り、拝謝致します
※ 「拝謝」は、上位の相手に対し謹んでお礼を述べるという意味合いです。
先生には格別なるご高配を賜りました。ここに、深甚なる謝意を表します
※ 「謝意を表する」は感謝を申し述べるという意味ですが、一般に式辞(儀式での挨拶文)や感謝状などで用いられる文言です。「深甚」(しんじん)は謝意を形容する場合によく用いられ、並々ならぬという意味合いです。

「恐縮」系の例文

本日は私のつたない企画書をお褒めいただき恐縮です。いまだ未熟者ですので、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。
※ 「恐縮」は身が縮む思いをすることですが、この場合は相手からの厚意に申し訳ないほど感謝するという意味合いです。
先日は大変結構なおもてなしを頂戴し、痛み入ります。今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願い致します。
※ 「痛み入る」も、恐縮と同様の感謝の言葉です。