【目上へ】確認・念押しの言葉の例文一覧

確認・念押しの言葉の例文一覧

【改まった文面の場合】

お忙しいところ申し訳ありませんが、基礎工事の進捗状況についてお伺い致します。
お忙しいところ恐れ入りますが、会場の設営スケジュールについて確認させて頂きます。
ご多忙のところ恐縮ですが、以下の点について再度確認させて頂きます。
以上、ご面倒をお掛けしますが、ご確認のほどお願い申し上げます。
以上の内容に不備な点がございましたらご連絡ください。

【親しい人に書く場合】

すみません、待ち合わせ場所は、代々木公園駅の改札前でよろしいのでしょうか。
今日は10時に新宿駅南口だったと思うのですが、間違いございませんね。
企画書と資料集は以下の部数で正しいか、申し訳ありませんがご確認ください。
□□企画さんの表現案は順調に進んでいますか。
カンプに時間が掛かるようでしたら約束の時間を延ばしてもらいますが、仕上がり時間は大丈夫ですか。