間違えやすい「重ねて」の意味と使い方・例文

「重ねて」の意味

「重」という文字は、「重複」「二重」などに使われるように、何かを繰り返すという様子を表します。それらの意味から、「重ねて」とは「再び」「さらに」「もう一度」という意味です。主にビジネス文書や改まった文章で使用します。

「重ねて」の使い方

「重ねて」という言葉は、主には御礼やお詫び、お願いをする場面で使われます。いずれの場面でも、こちら側の強い気持ちや、深く思っている気持ちを表す役割をします。

「重ねて御礼申し上げます」

相手に対してお礼を伝える場合には、「ありがとうございます」「感謝いたします」「御礼申し上げます」などの言葉が使われます。しかし、状況や御礼の内容によっては、御礼を伝えたいことが複数あることもあります。

その場合に「○○をありがとうございました、××もありがとうございました」と書くと、ビジネス感に欠ける表現と受け取られることもあります。

そのため、「○○をありがとうございました。また××につきましても重ねて御礼申し上げます」などと、「重ねて」を使います。

「重ねてお詫び申し上げます」

「重ねて」を使うのは、御礼だけではありません。お詫びについても「重ねてお詫び申し上げます」と使うことができます。御礼のときと同様に、相手へ謝罪したいことが複数ある場合に用いる表現です。

「この度はこちらのミスにより、大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。またお約束の品もご用意できておらず、重ねてお詫び申し上げます」などが、主な使用例となります。

「重ねてお願い申し上げます」

御礼やお詫びと同様に、相手に対するお願いも「重ねて」を使って伝えることができます。この、お願いの場合の「重ねて」は、複数のお願い事をしたい場合だけでなく、同じお願いを何度もする場合にも使います。

複数のお願いをする場合の「重ねて」
「受付ではお名前と会社名をお書きいただくようお願い申し上げます。また、お手数ではございますが、お荷物はすべて係の者にお預けくださいますよう、重ねてお願い申し上げます」
何度も同じお願いをする場合の「重ねて」
「たびたびのご案内となり、大変恐縮ではございますが、会場内では携帯電話の電源をお切りいただきますよう、重ねてお願い申し上げます」

【重ねての例文】

皆様のご配慮に重ねて御礼申し上げます。
多大なご迷惑をお掛けしましたことを重ねてお詫び申し上げます。
また、お知らせが遅れましたことにつきましても重ねてお詫びを申し上げます。
また、□□評議委員にもご就任あそばされまして、重ねてお祝い申し上げます。
御見積書を早急にお送り頂けますよう重ねてお願い申し上げます。
経理部より、出金伝票に関する重ねてのお願いです。
すでに伺っておりますので、重ねてのご説明は結構です。

「重ねて」の言い換えに使える類語

「重ねて」という言葉を、複数のことについて使う場合と、同じことを何度もという意味で使う場合の、それぞれの類語をご紹介します。

「改めて」「さらに」

「重ねて」を、複数のことについて使う場合の類語は、「改めて」「さらに」です。

御礼やお詫び、お願いなどの対象となることが複数ある場合に、「改めて」または「さらに」を使うと「重ねて」と同じ意味にすることができます。

  • 「○○をありがとうございました。また××につきましても改めて御礼申し上げます」
  • 「この度はこちらのミスにより、大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。またお約束の品もご用意できておらず、さらにお詫び申し上げます」

などと言い換えることができます。

「たびたび」「くれぐれも」

「重ねて」を、同じことについて何度も伝える場合は、「たびたび」「くれぐれも」などが言い換えに使える類語です。

  • 「会場内では携帯電話の電源をお切りいただきますよう、くれぐれもお願い申し上げます」
  • 「検査に支障がございますので、金属類はすべて外していただくよう、たびたびではございますがお願い申し上げます」


などと言い換えることができます。