間違えやすい「しかしながら」の意味と使い方・例文

「しかしながら」の意味とは

「しかしながら」は、接続詞の「しかし」と同じ意味を持つ言葉です。カジュアルな表現にすると「でも」と同じ意味で、「しかしながら」の直前に来ている言葉や表現、あるいは状況をくつがえす意味で用いられます。

漢字では「然し乍ら」

通常「しかしながら」はひらがなで書かれます。これは個人間の文章においてだけでなく、書籍や論文などでも同様です。この「しかしながら」は漢字にすると「然し乍ら」あるいは「然しながら」となります。

日常生活で「しかしながら」を漢字で書かなければならない場面は多くありませんが、古い本などでは漢字で書かれていることもあるので、読み方を知っておきましょう。

「しかしながら」の使い方

「しかしながら」と同じ意味を持つ「しかし」の違いは言葉のニュアンスにあります。「しかしながら」は硬い文章や改まった会話、または論文などの中で使われ品格を感じさせる言葉遣いです。

「しかしながら」は敬語と一緒に使う

「しかしながら」という言葉は非常に改まったニュアンスを持っています。そのため、気心の知れた相手とのフランクな会話では使いません。「しかしながら」を使うのは「相手が目上の人または敬意を払うべき相手」と決まっています。そのため、おのずと敬語と一緒に使うことになります。

「しかしながら」自体が品格を持っている言葉であるため、一緒に使う敬語も「~でございます」「~かと存じます」など、「です・ます」よりも一段上の敬語表現を選ぶようにしましょう。

「しかしながら」は相手の意見に反論する強い気持ちを表す

現代で使われる「しかしながら」という言葉は、やや反発的なニュアンスを伝えたい場面で使われることが多いです。相手が言ったことに対してやんわりと否定する場合の「しかし」「ですが」などに比べると、「しかしながら」は言葉の印象が強く、堂々と反論する雰囲気も持っています。

そのため「しかしながら」を使うときは、相手に対して強く反論する姿勢と受け取られる可能性があることを理解しておきましょう。

「しかしながら」の例文

栄養バランスの良い食事は健康づくりの基本です。しかしながら、それを実践することはなかなか困難なことです。
きれいなものだけ見て生きていければ幸せです。しかしながら、身の回りで起きている悲惨な現実から目をそむけることはできません。
そのことは父も十分に承知していたはずです。しかしながら、迫害を逃れて頼ってきた人たちを見捨てることは出来なかったのでしょう。
わが社には優れた技術がある。しかしながら、それを活かし切れていない。
しかしながら、その方法が有効でないことは、すでに横浜工場の事例で実証されているのではありませんか。
(※議論の場では、相手の発言に対して即答で反論するとき、いきなり「しかしながら」と切り返す使い方もあります。)

「しかしながら」の言い換えに使える類語

けれども

「しかしながら」と似た意味を持つ言葉に「けれども」があります。「けれども」も「しかしながら」と同様に、直前の言葉を否定する表現です。意味自体は「しかしながら」と同じであるため、言い換えとして使うことができます。

ただし「しかしながら」が文章中などでも使われる表現であることに対して、「けれども」は口頭で使われることがほとんどです。

文章中で「けれども」を使うと、全体的にカジュアルな文章になります。ビジネスシーンでは口頭でのみ使うようにした方が良いでしょう。

にもかかわらず

「にもかかわらず」は、通常「~であるにもかかわらず」「~という約束であったにもかかわらず」などと使われます。「~」の部分には、それまでの経緯や誰かの発言や行動などが入り、「にもかかわらず」はその「~」の部分を否定する意味を持ちます。

「しかしながら」「けれども」に比べると、直前の「~」の部分を打ち消す力が強く、打ち消すと同時に強く非難するニュアンスも含みます。

そのため相手を非難するつもりがない場面では使うべきではない言葉です。