介護実習のお礼状の例文と書き方

介護実習のお礼状の例文と書き方

介護実習のお礼状は、総合病院並みに大きな施設であれば、部局長など直接お世話になった方へ送るべきでしょうが、一般的には施設長に宛てて書きましょう。

お礼状の内容は、あくまでもお世話になったことへの感謝の言葉に徹しましょう。感想を書く場合は、確実に得たもの、感動・感心させられたことなど、良いことだけを書くべきです。

疑問や不安が残ったことや進路について迷いが生じたことをにおわせるような言葉は、先方をがっかりさせるので慎むべきです。

【介護実習のお礼状例文】※横書き

謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度は、10日間にわたる介護実習をさせて頂き、
誠にありがとうございました。
介護の現場を初めて体験する私にとりまして、今回
の基礎実習はすべてが刺激的でした。教室では知る
ことができなかったことや理解できなかったことを
たくさん学び取ることができ、とても充実した10日間
でした。
その間、スタッフの皆様やご利用者の方々にはいつも
ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありませんでした。
それでもスタッフの皆様が毎日嫌な顔をせずにご指導
くださいまして、本当に頭の下がる思いでした。
皆様から教えられた思いやりや心遣いを自分のものに
できるよう、これからも介護福祉士の勉強に真剣に
取り組んでまいりたいと思います。
末筆ながら施設長はじめ皆様のご活躍とご健勝を
心よりお祈り申し上げます。         敬白
平成24年12月5日
□□□□福祉専門学校
□□□□科1年 田村民男
介護老人福祉施設□□□□
施設長 近藤周作様