間違えやすい「早い・速い」の意味・使い分けと例文

早い・速い の意味・使い分けと例文

「早い」は、時間の経過についての概念です。「時間経過が短いこと」・「時間的に先であること」・「時期尚早であること」などを意味します。

「速い」は、動作・状態変化の速度・スピードについての概念です。「迅速であること」・「所要時間が短いこと」を意味します。

このように書くと簡単なことのように思えますが、実際のところ、どちらを使えばよいか分からなくなることがあります。ここでは、「速い」・「速い」それぞれの用例を紹介します。

【早いの例文】

時間経過が短いこと
早く寝なさい。
早く大人になりたい。
早く結果を教えてください。
仕上がりまでに早くても10日は必要です。
申し訳ありませんが、できるだけ早くお返事をお願いします。

時間的に先であること
今日はお早いですね。
メールよりも電話の方が早いです。
早く出来た人から退室して結構です。
一番早く昇進したのは、ほかならぬ彼だった。
早いうちに家を出て、夜遅くなってから帰る毎日です。
時期尚早であること
結婚を考えるのはまだ早いでしょう。
目覚めたら、午前4時。起きるには過ぎる。
約束の時間より1時間も早く着いてしまった。

【速いの例文】

迅速であること
息子さんは足が速いですね。
テンポの速い曲が好きです。
月日のたつのは速いものです。
ぼうっとしてないで、速くしなさい。
彼は頭の回転が速くて、ついていけない。
説明が過ぎて、理解できませんでした。
所要時間が短いこと
病気の回復は思ったよりも速い
彼女は飲み込みが速くて優秀です。
情報が速いですね。誰から聞いたのですか。
あなたはいつもお仕事が速くて助かります。
過ぎる民主化が、かえって政治の混乱を招いた。