間違えやすい「より・から」の使い分けと例文

「より・から」の意味とは

「より」「から」はどちらも「その場所や時間が起点となる場合」に使われます。

「午後より会議を始めます」は、午後という時間を起点として会議が始まるという意味です。同様に「公園よりスタートして、ゴールは山頂です」も、公園という場所を起点として、ゴールの山頂までの道のりが示されます。

これらは「より」を「から」に変えても意味は同じです。「より」と「から」のどちらが正しいということはありません。

「より」には比較する意味もある

「から」は、何かの起点となる意味しかありませんが、「より」にはもうひとつ別の意味があります。それは「何かと比べて」という意味です。

「彼は私より背が高い」「昨年より気温が低い」など、何かと何かを比較したことを言葉にする場合に「より」が使われます。何かを起点としていることを指す「より」との区別は、前後の会話や文章によってすることになります。

「より・から」 の使い方

「より」と「から」は、どちらも同じ役割をする言葉です。そのため「より」と「から」をどのように使い分ければ良いのか迷ってしまうという人は多いでしょう。以下では「より」と「から」の違いや、使い分けのポイントについて解説します。

「より」と「から」の違いはニュアンス

「より」と「から」の違いは言葉が持つニュアンスです。「より」は硬い文や改まった丁寧な言い回しのときに使われることが多く「から」に比べてやや上品な言葉遣いのように感じられます。

一方、「から」は、日常会話では「より」よりも頻繁に使われます。

その点から、「より」はどちらかといえば文章向き、「から」は会話向きと言えるでしょう。ただし、明確な使い分けのルールがある訳ではありません。自分の判断で自由に使い分けできます。

フォーマルな場での案内や、スピーチなどでは口頭であっても「より」が優先して使われることが多いです。これは「より」が持つ言葉のニュアンスが、「から」よりも上品であることが理由と考えることができます。

「より・から」を使った例文

「より」がよく使われる例

本日よりご予約の受け付けを開始いたしました。ボディカラーは、オーキッドパール、クリスタルブラック、カーマインレッドの3色からお選びいただけます。
※ 後半の「から」は選択対象を示す格助詞です。
本場カナダより空輸したフレッシュなメープルシロップです。
時下ますますご清祥のことと衷心よりお慶び申し上げます。
日頃より格別なるご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
これより先は、写真・ビデオの撮影をご遠慮ください。

「から」がよく使われる例

新年度から新館のセキュリティシステムが変更になります。社員の皆様は西側通用口から入館してください。
三崎漁港から新鮮直送。朝獲れのキンメダイがお買得!
ご出産おめでとう。心からお祝い申し上げます。
日頃から色々とお世話になり、とても感謝しています。
ここから先は関係者以外立ち入り禁止です。