「ご承知おきください」の意味と使い方「お含みおき」との違いも

ご承知おきくださいの意味

ビジネスシーンなどでよく使われる言葉に「ご承知おき」があります。「承知」という言葉が入っていることから、何となく意味を理解している人は多いかもしれません。

まずは、以下にて「ご承知おき」の意味について解説します。

ご承知おきの意味は「知っておいてください」

「ご承知おき」は、「知っていてください」「理解しておいてください」という意味です。

当日の詳細についてはメールに記載していますので、各自でお読みいただき、内容についてご承知おきください

以上が先日の会議での決定事項です、何卒ご承知おきください

「ご承知おき」は、その意味からやや一方的なニュアンスを出す言葉です。一般的に、人に何かをお願い(この場合は知っておいてください、というお願い)をする場合は、依頼形を使いますが「ご承知おき」に依頼は含まれていません。

そのため、自分よりも目下の人や、課や部全体へ向けた、決定事項の周知の際などに使われることが多い言葉です。

ご承知おきの語源は「承知する」

「ご承知おき」は、動作性漢語名詞の「承知」で「する」の連用形「し」を省略したものです。

そこに「〜している」・「〜しておく」という状態の継続を意味する動詞「置く」の連用形が接続し、さらに丁寧語の「ご」をつけた、丁寧語に属します。

承という漢字は訓読みで「承る」(うけたまわる)と読む謙譲語です。現在でも「承知しました」などの謙譲表現で用いられます。

 

ご承知おきくださいの例文

本年より自治会の担当役員も変更になりますので、どうぞご承知おきください。
警備上の都合から、午後7時にて正面と東西のエントランスを閉じさせていただきます。以後は係の者がご案内して通用口からお帰りいただくことになりますので、どうぞご承知おきください
先般、□□各位には郵便にてお知らせし、ご承知おきのことと存じますが、来る□月□日より□□□道の建設工事を開始いたしますので、改めて工事の詳細につきお知らせ申し上げます。

「ご承知おき」は目上の人に使える?

「ご」という丁寧語がついていることから、目上の人へも使えそうな言葉ですが、「ご承知おき」という言葉は、目上の人には使わない方が無難な言葉です。

先にもお伝えしたように、「ご承知おき」はやや一方的な印象が強い言葉です。目上の人へ向けると、失礼になることがあります。

目上の人へ、同様の意味の言葉を向けたい場合は、次にご紹介する「お含みおきください」を使った方が良いでしょう。

「承知をしておいてください」という意味の「ご承知おき」は、目上の人から目下の人への申しつけです。「知っておくように」という言葉を丁寧語に変換して「ご承知おき」としています。

目上の人へは「お含みおき」を使う

目上の人や取引先などに「このことは知っておいて欲しい」と伝えたいのであれば「お含みおきください」を使いましょう。

部長、こちらが来週のスケジュールです、お含みおきいただけますと幸いです

田中様、何かあればご連絡させていただきますが、何もなければこちらからご連絡はいたしませんので、その点についてお含みおきくださいますようお願いいたします

「お含みおき」は「心に留めておいてください」「気持ちの片隅においておいてください」と、感情に対しての要求をする言葉です。

「お含みおきください」と伝えて「きっと大丈夫だと思いますが、念のため心に留めておいてください」ということを伝えることができます。

「ご承知おきください」と「ご了承ください」の違い

「ご了承ください」

「ご了承ください」というのは「こういうことですから、よろしくお願いします」ということを伝える言葉です。

「こういうことですから」という言い方からもわかるように、基本的には「変更はできないこと」「反対されても覆らないこと」を表します。

「セール品の返品、交換は致しかねますのでご了承ください」というのは「気に入らなかった場合でも返品や交換ができないことはもう決まっていることです、そのことを知っておいてください」という意味です。

少し一方的な印象を受ける言葉であるため、目上の人や取引先などへ使う場合は注意しましょう。「ご了承願います」「ご了承のほど、お願い申し上げます」など後に続く言葉で丁寧な印象を持たせる必要があります。

「ご承知おきください」

「ご承知おきください」は自分よりも目下の人に使う言葉ですが、「今のところこうなっています」「こうなる予定です」という事実だけを表しているため、「一方的な伝達事項」という意味を持ちます。

「ご了承ください」のように「納得してください」「受け入れてください」という要望が含まれていない分、やや冷たい印象が受けることもあるでしょう。

「ご承知おきください」に返す言葉

目上の人から「ご承知おきください」と文書やメールで告げられた場合は、「承知いたしました」「かしこまりました」などと返します。

「○○の件について承知いたしました」などとすれば、より丁寧ですし「何について承知したのか」ということが明確になります。

また、「了解しました」というのは、目上から目下への言葉ですので、相手が目上の人の場合は使いません。