【目上へ】お申し付け下さい の意味と使い方・例文

「お申し付け下さい」の意味とは

「お申し付けください」とは、「言いつけてください」「言ってください」という意味の言葉です。この場合の、言いつける・言うとは、指示や命令を指します。

相手に「何か困ったことがあればいつでも私に指示してください」というところを、「何か困ったことがあればいつでも私にお申し付けください」などと使い、「指示してください」や「言ってください」よりもへりくだった丁寧な表現となります。

もっとも、その言い付けは命じる・命令するというほど絶対的な指示ではなく、一般的には依頼や注文、希望や願い事という程度の要求の場合がほとんどです。

「お申し付け下さい」の使い方

「お申し付けください」は、とても丁寧な表現として、ビジネスシーンでも多く使われています。

「お申し付けください」は目上の人に使う

「お申し付けください」を使う対象は目上の人です。上司や取引先の方など、比較的身近な目上の人だけでなく、特に高い地位にいる相手にも使えることが特徴です。

「言ってください」と言うよりもビジネス感がありますし、フォーマルな印象も持っている言葉なので、ビジネスシーンだけでなくホテルなどの接客業でも日常的に使われています。

自分が誰かに指示する場合は「お願いする」など

自分が誰かに指示をする場合は2つの言い方があります。まず指示をする相手が自分の身内や、自社の社員で、今話している相手が社外の人であれば「うちの○○に申し付けます」となります。

一方、指示をする相手が自分の身内や自社の社員でない場合は「お願いします」などが一般的です。ポイントは、今話している相手から見て、自分が指示する相手が謙譲語を使うべき立場かどうか、という部分でしょう。

指示する相手が、話している相手にとっては目上の人でも、自分にとっては自社の上司という場合は「課長の○○に申し付けます」となります。

「お申し付けください」の例文

お困りのときは何なりと私にお申し付けください。
必要なものがあれば、お気軽にお申し付けください。
どうぞ遠慮なさらずに、なんなりとお申し付けくださいませ。(※女性の場合)
水道・電気・ガスなど設備上のトラブルがある場合は、ただちに管理センターまでお申し付けください。
24時間、いつでもコンシェルジュにお申し付けください。
お探しの商品が見つからないときは、ご案内係までお申し付けください。
ご希望の初期設定は、以上の通り完了致しました。設定変更をご希望のときや機器の異常が発生したときには、何なりと弊社カスタマーサービスセンターにお申し付けください。また、サプライ品のご注文は、下記の担当営業所までお申し付けください。
※補助動詞「下さい」は、「〜してほしい」という意味の尊敬語です。
ご予約のお客様には、お部屋で使用されるパソコンおよび周辺機器、ファックス、各種生活用品・化粧品などのご用命を承っております。ご希望のお客様は、ご予約の際にお申し付けください。
創業祭のアトラクションの準備は進んでいますか。アトラクションで使用される以下のような衣装・資材・道具類の購入やレンタルをご希望の皆様は、ぜひ用度資材課までお申し付けください。購入・レンタル費用は原則として会社負担となります。
このたびは、御社工場が火災に遭われ、さぞお困りのこととお察し致します。旧知の同業のよしみとして、機材や人手、またどのようなことでもお役に立てることがあればお引き受け致しますので、どうぞご遠慮なくお申し付けください。
商品の色、柄、サイズ、材質は全品豊富に取り揃えていますが、お探しの商品がない場合は、お近くのサービススタッフまたはカウンターまでお申し付けくださいませ。在庫確認やお取り寄せのご相談など、その場で迅速に対応いたします。
※「ませ」は、丁寧の助動詞「ます」の命令形です。小売業・サービス業などに従事する人たちが接客応対をするときには男女を問わず使用しますが、それ以外では一般に女性が使う言葉です。
先日は雪の中を遠路わざわざお越し頂き、誠に恐縮致しました。しかし、万一のことがありましたらお腹の赤ちゃんに障ります。今後は、お申し付けくだされば当方よりお伺い致しますので、どうぞご自重なさってください。
※「お申し付けくだされ」の補助動詞「下さる」は口語「下さい」の文語形で、「〜してくれる」という意味の尊敬語です。

「お申し付けください」の注意点

「お申し付けください」は謙譲語ではなく敬語

「お申し付けください」という言葉は、時に「謙譲語」なのではないかと言われます。「謙譲語」とは、自分の行動をへりくだって表現するための言葉です。

「お申し付けください」に含まれている「申し付け」は、自分に指示をしてくださいということを意味します。

しかし、「お申し付け」と丁寧表現の「お」をつけていることや、「ください」という敬語が一緒に使われていることで、謙譲語なのか敬語なのか、意見が分かれるところです。

結論は「お申し付けください」は敬語です。この場合の「申し付け」をされるのは、「お申し付けください」と言った側であり、相手ではありません。そのため、自分に起る状態を謙譲語の「申し付け」で表します。

「お」と「ください」については、相手への敬語表現として問題ありません。

つまり、相手のために「申し付け」という言葉を選択しており、「お申し付けください」は敬語となります。誤りではありません。

「お申し付けください」の類語との違い

「おっしゃってください」

「お申し付け下さい」の類語としてあげられるのが「おっしゃってください」です。「おっしゃる」とは、「言う」の敬語表現で、「おっしゃってください」は「言ってください」という意味となります。

この「おっしゃってください」は、相手に発言を促すという意味では、「お申し付けください」と同じです。

そして「お申し付けください」は「言いつけてください」という意味だけに、相手より下の立場であることが明らかです。しかし「おっしゃってください」については、この言葉を発した側が必ずしも立場が下であるとは限りません

相手と同等の立場、あるいは自分より下の立場の人へも「言ってください」という意味で「おっしゃってください」と使うこともあります。

「お申し出ください」

「お申し出ください」は「お申し付けください」とやや意味が異なります。「申し出る」とは、相手が何かに該当し、こちらが該当した人を把握したい場合などに使われる言葉です。

「資料がお手元にない方はお申し出ください」などと使います。

一方、「お申し付けください」は、相手が何かに該当したかどうかとは関係なく、相手が「言いたい」「欲しい」と何らかの要望を持ったときに、その指示をしてください、という意味に留まります

「お申し付けいただければと思います」

「お申し付け下さい」をより丁寧にしたものが「お申し付けいただければと思います」です。

「いただければと思います」は「いただければと存じます」とされることも多く、いずれも意味は「言ってくれたら嬉しい」というものです。

相手へ、人に申し付けることの遠慮をさせないための気遣いが見える言い方で、「お申し付けください」よりも、さらに相手の気持ちに寄り添った表現とすることができます。

「仰せ付けください」

「お申し付けください」ととても似た音を持つ「仰せ付けください(おおせつけください)」は、「お申し付け下さい」よりも、相手への敬意を深く表します

「仰せつける」という表現は、日常ではほとんどされません。この「仰せつける」は昔の名残で、「仰せ」は目上の人や位が高い人の「言うこと」を意味します。

「仰せ付けください」に含まれる「仰せ付け」は「お申し付け」とほぼ同義です。

そのため「仰せ付けください」と言っても問題はありません。ただし、少し古めかしい印象を持たれる表現であることは理解しておきましょう。

「お問い合わせください」

「お問い合わせください」とは「問い合わせをしてください」という意味です。この場合の「問い合わせ」とは、実際にどこかへ電話をして質問をしてもらう、または単純に「聞いてください」という意味も含んでいます。

「お申し付けください」との違いは、「お問い合わせください」の方が、相手へ行動を起こすことを促しているという点です。

これはニュアンスによるものではありますが、「お申し付け」は「言いつける、指示する」というイメージが強く、「お問い合わせ」は「聞く」「質問する」というイメージに留まります。

そのため「お申し付けください」の方が、より相手に仕えるニュアンスが強くなります。

「ご用命ください」

「ご用命ください」とは「注文をしてください」「指示をしてください」という意味です。主には「ご用命」を「注文」という意味で使います。

「お申し付けください」に比べると、「ご用命ください」は何かを購入するイメージが強く、相手がお客様であることが多いようです。

「ご注文をお申し付けください」とすれば、「ご用命ください」とほぼ同じ意味として使うことができます。

ただし、「指示をしてください」という意味で「ご用命ください」を使うと、相手や状況によっては、何かを購入しようとしているのか、と意味を取り違えることもあるでしょう。

「お申し付けください」と一緒に使う言葉

「何かございましたら」

「お申し付けください」の前に「何かございましたら」とつけて、「何かございましたら、お申し付けください」と言うことがあります。

これは「用事があれば」「気がついたことがあれば」「望むことがあれば」など、相手の判断で指示をしてくれて構いません、と言っているのと同じです。

「何かございましたら」を「何かご要望がございましたら、お申し付けください」などとすると、さらに相手に寄り添った表現として伝えられます。

「お気兼ねなく」「ご遠慮なく」

「お気兼ねなく」は「気にせずに」、「ご遠慮なく」は「遠慮せずに」という意味で、どちらも「お申し付けください」と一緒に使うことが多い言葉です。

「何かございましたら」と違い、「お気兼ねなく・ご遠慮なく」は、相手の気持ちを重視した言葉でもあります。

「何か頼みたいけれどそれも申し訳ない」など、遠慮せずにどんなことでも言いつけて欲しいという気持ちを表す場合に使える言葉です。