ご承知おきとお含みおきはニュアンスが違う?正しい意味と使い方・例文

お含みおき の意味と使い方・例文

「含みおく」とは、「心に留めおく」という意味です。

「おく」を漢字で書く場合は「置く」が一般的ですが、「含む」(心に留めるの意)という状態を継続させる意味になります。

「含みおく」は、自分の気持ちや思いを心に秘めておく場合にも使いますが、「お含みおきください」のように敬語表現とした場合は、相手の状態を意味する表現となり「心に留めておいてください」、「理解しておいてください」、「納得しておいてください」といった意味合いとなります。

「お含みおき」は目上に失礼になる?

「含みおき下さい」は相手に対して念を押すニュアンスとなり、使い方によっては隠微な内密の依頼や失礼な文言と受け止められる場合もあります。相手に不快感を与える物言いとならないよう注意して使いましょう。

お含みおきの例文

近い将来、電気料金が値上げされますと、このシステムの経済的なメリットが半減することをお含みおきください。
万一ご欠席なさいましても、ご予約料の返金は致しかねますのでお含みおきください。
この計画が神田先生のご遺志であることも、ぜひお含みおきください。
ご納品が21日以降になりますと、代金のお支払いが1ヶ月先送りになりますので、その点もお含みおき願います。
子細は申せませんが、すでに他所からも二三申し入れがあることをどうぞお含みおき願います。

「お含みおき」「ご承知おき」の違い

「このことを知っておいてください」という意味で使われる「お含みおき」は、「ご承知おき」という言葉と混同されることがあります。

どちらも意味は同じですが、それぞれの言葉が持つニュアンスが違いますので、そこまで知った上で使えると良いでしょう。

まず「ご承知おき」という言葉は「知っておいてください」という表現に似たニュアンスを持っています。

少々強めの印象で、相手に有無を言わせずに要求するイメージです。通常は、自分よりも立場が低い人への申し渡しとして使われることが多いでしょう。

一方、「お含みおき」という言葉には「これを知っておいていただけるとありがたい」「これは知っておかれた方が良い」という柔らかいニュアンスを持っています。

使われる相手も、自分より目上の人やお客様などであることが多く「こちらの都合で大変恐縮ではございますが、お含みおきのほどお願い申し上げます」などと使います。

違う意味を持った「お含みおき」

「お含みおき」という言葉は通常は「知っておいてください」という意味として使われますが、状況や言い方によっては、思わぬ含みを持たせる言葉に変わってしまいます。

たとえば「例の件ですが、まだ詳しくは言えませんが、何卒お含みおきのほど」などと言われると、「口止め」「密談」「忖度」など、「表だっては言えませんが・・わかっていますよね?」というニュアンスを相手に伝えることになります。

自分自身がそのようなシチュエーションに身を置かなければ、なかなか遭遇しない場面ではありますが、反対に考えると、自分が相手に対しておかしな言い方で「お含みおき」という言葉を使ってしまうと、相手が思わぬ困惑をすることにもなりかねません。

そうならないためには、「何についてどのように知っておいてほしいのか」ということを明確にする必要があります。

「お含みおき」の言い換え

「ご了承ください」という言葉は「お含みおき」の類語と言って良いでしょう。

しかし、「ご了承ください」には、どちらかというと「ご承知おきください」の方にニュアンスが近く、あまり頻繁に使ってしまうと、一方的な印象を持たれてしまう可能性があります。

または、似たニュアンスで伝えたいのであれば「あらかじめお知らせいたします」など、全く別の言い方で伝えるという方法もあります。

たとえば「締め切り後のご応募はお受けいたしかねますので、お含みおきください」を「締め切り後のご応募はお受けいたしかねますことを、あらかじめお知らせいたします」として、「事前にお伝えしておきます」という意味を伝えることもできます。