反省文の例文と書き方(遅刻/ビジネス・社会人)

反省文の例文と書き方(遅刻/ビジネス・社会人)

遅刻の反省文は、次の要領で書きましょう。

  1. 遅刻の事実(何分遅れたかということです。)
  2. 遅刻の原因(不注意・怠慢も原因に含まれます。)
  3. 遅刻防止の対策

以上の内容のほかに忘れてならないことは、反省の気持ちを表現するための謝罪の言葉を必ず添えることです。

特に、交通機関の事故などで避けられない遅刻の場合は、鉄道会社などの発行する遅延証明を添えることで遅刻扱いを受けませんが、平常通りに出社した社員もいる訳ですから、自らの遅刻によって業務に悪影響を与えたことを自覚し、慎みをもって謝罪の言葉を書くべきです。

【遅刻の反省文例文】

遅刻の反省文
(※タイトル・中央揃え)

(※日付け、提出先の上司名(□□課□□課長など)、本人氏名を会社の標準書式に従って記入します。)

 私は、本日早朝に発生した□□□電鉄・□□□線の人身事故による遅延のため、出社時間が始業時間より約15分遅れました。そのため朝のミーティングに遅れ、他の社員に迷惑をかけたことを申し訳なく思っております。
 私は、通常、始業時間の30分前には出社するようにしておりますが、今回の鉄道事故では約45分の遅れが出ました。このような遅刻を繰り返さないために、今後は出社時間を15分以上繰り上げ、8時15分までに出社するよう心掛ける所存です。