【間違いやすい】御社・貴社の違いと使い分け例文

「御社」「貴社」それぞれの意味

「御社」と「貴社」が指すものは同じです。それなのに、なぜ2つの言い方があるのかと不思議に思う人は多いのではないでしょうか。

御社と貴社には、それぞれ言葉の役割としての意味があります。

「御社」も「貴社」も相手の会社を指す

「御社」「貴社」と言葉は違いますが、どちらも「相手が勤めている会社」を表します

取引先の人と話したり、取引先の人へ送る手紙やメールの中で、相手の会社のことを表すときには「御社」または「貴社」を使います。

「御社ではどのようにお考えでしょうか」「貴社よりご連絡をいただいた件ですが」などとすることで、相手の会社への敬意の気持ちを表します。

「御社」と「貴社」の違い

御社と貴社が同じものを指しているということは先にお伝えしました。次は「御社」と「貴社」の違いについて解説します。

同じものを指すのに、なぜ2つの言葉が必要なのかということがわかれば使い分けに迷わなくなります。

「御社」は話し言葉

「御社」は話し言葉として相手の会社を指す場合に使います

この場合の話し言葉とは、相手が目の前にいる、もしくは電話の向こうに相手がいて、その人が勤めている会社のことを表すときに使う言葉のことです。目の前の人に、その人が勤めている会社のことを話すときに「御社」という言葉を使います。

「御社では新商品が大変好調と聞いております」「本日御社へ伺います」などと使われる「御社」には、「御会社(おんかいしゃ)」という意味があります。

「御」にはうやうやしく掲げるという意味があり、相手が勤めている「会社」のことを高く掲げて「御社」と言うイメージです。

「貴社」は書き言葉

「貴社」は文章内で使う書き言葉として、相手の会社を指す場合に使います

手紙だけでなくメールや契約書などの文書でも「貴社」は使われ、話し言葉で「貴社」が使われることはほぼありません。

「貴社」の「貴」には「尊敬・尊重」という意味があり、その「貴」を相手が勤めている「会社」につけることで、相手の会社を尊敬・村長しているという気持ちを表しています。

御社様・貴社様は二重敬語で間違い

「御社」「貴社」にはそれぞれ「御」「貴」という、尊敬を表す文字が使われているので、「御社」「貴社」だけで「尊敬語」として完成しています。

そのため「御社様」「貴社様」としてしまうと二重敬語となり誤りです。

注意
面接、商談、履歴書や契約書、通常のビジネスメールどんな場面であっても、御社や貴社に「様」をつけることはありません。

「御社」「貴社」の使い分け

御社は話し言葉、貴社は書き言葉として使い分けます

しかし厳密に言えば、御社と貴社はどちらを話し言葉・書き言葉に使っても間違いというわけではありません。実際のビジネスシーンでも、話し言葉で「貴社」を使う人、書き言葉で「御社」を使う人は一定数いると言われています。

この「話し言葉は御社、書き言葉は貴社」というのは、これまでのビジネスシーンでの慣習によるものという見方もあり、どちらが間違いと言い切ることはできません。

ただし現代のビジネスシーンでは、やはり「話し言葉は御社、書き言葉は貴社」という認識の方が広く浸透していますので、この認識に従った方が相手に誤解されることもないでしょう。

御社・貴社と似た意味を持つ類語

「御社」「貴社」という言葉は「一般企業」に対してのみ使います。一般企業以外の病院や役所、学校や銀行には違う表現を使うので、一緒に覚えておくと便利です。

病院は「御院」「貴院」

病院は話し言葉では「御院(おんいん)」、書き言葉では「貴院(きいん)」です。御社・貴社と同じように、御と貴で相手への敬意を表しています。

しかし「御院」は音が言いにくいこともあり、口頭でも「こちらの医院」「おたくの病院」などと言うことがほとんどです。

学校は「御校」「貴校」

学校は話し言葉では「御校(おんこう)」、書き言葉では「貴校(きこう)」です。これも御社・貴社と同じように考えることができます。

書き言葉で使う「貴校」は漢字を「貴行」と間違いやすいので、その点には注意をしておきましょう。

銀行は「御行」「貴行」

銀行は話し言葉では「御行(おんこう)」、書き言葉では「貴行(きこう)」です。それぞれの読み方が学校の「御校・貴校」と同じですので、音だけでは銀行か学校かを判断することができません。

書き言葉として使う場合は「貴校」と間違えないように注意しましょう。

役所は「御庁」「貴庁」

市役所や区役所は、話言葉では「御庁(おんちょう)」、書き言葉では「貴庁(きちょう)」です。

この「御庁・貴庁」を使うのは、役所同士であることがほとんどで、一般市民が役所を表す場合は「○○区役所」「○○市役所」など、その役所の名称を使うことがほとんどでしょう。

御社の例文

ご提出いただいた検査報告書の分析精度の高さには恐れ入りました。弊社の研究室では対応できない高精度ですので、今後の最終検査は全面的に御社にお任せ致します。
この度は御社の長年にわたるご尽力が実を結ばれ、誠におめでとうございます。このご快挙は業界全体の栄誉であり、ご同慶の至りと存じます。
御社の皆様のお蔭で、素晴らしい店舗が完成致しました。開店早々からお客様の評判が非常に良く、順調な滑り出しを見せています。
御社の企画案をもっとも高く評価されたのは本部長です。都市開発と文化事業のバランスが取れた点を高く評価されて決定されました。
当日は、御社へ午後 2時過ぎにお伺い致します。なお、新幹線で参りますが、駅までのお出迎えは結構でございます。
長年ご交誼を頂戴しながら、このようなことを申し上げるのは誠に心苦しいのですが、現状では御社との表立った共同事業をお受け致しかねます。
工藤様のことは、御社に初めて伺った時から存じ上げております。大変お世話になった方ですので、御遺影を拝見すると涙がこみ上げて参りました。

貴社の例文

拝啓 陽春の候、貴社益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます。また、平素より格別なるご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
貴社におかれては本年四月をもって創業五十周年を迎えられ、誠におめでとうございます。今後益々のご発展を遂げられ、業界の鑑として名声を高められますようお祈り致します。
貴社の勇気ある決断は、誠に敬服に値するものと存じます。弊社にても早急に対応を検討し、貴社に続く所存でございます。
この度は市立近代美術館設計コンペにご応募いただき、誠に有難うございます。貴社のプロポーザル案が一次審査を通過致しましたので、ここにお知らせ申し上げます。
このたびは大賞受賞という望外の吉報に接し、恐悦至極に存じます。これもひとえに貴社の皆様からいただいたご指導、ご鞭撻の賜物と御礼申し上げます。
貴社に設計から製造までを担当して頂けることになり、これに過ぎる喜びはございません。何かとご面倒をお掛けすると思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
ご契約者様の個人情報が記載されたファイルを紛失した件につき、本日、以下の通り記者会見を執り行います。貴社におかれましてもご参加くださいますようお願い申し上げます。