【間違えやすい】誠に の意味と使い方・例文

「誠に」の意味とは

「誠に」は「本当に」「まさに」という意味です。主には「誠に申し訳ございません」「誠にありがとうございます」など、お詫びやお礼の言葉を強調する役割で使われます。

その他にも「誠に遺憾」「誠に嬉しい」「誠に悲しく」「誠に楽しい」など、喜怒哀楽の感情を強調する場合にも使うことができます。

「真に・実に」とも書く

「誠に」という言葉は、他の「真」「実」でも表すことができます。「誠に・真に・実に」と3通りの書き方があることを知っておきましょう。一般的な「本当に・まさに」という意味であれば、「誠に」と書くのが通常です。

「真に」は「しんに」と読むこともできますし、「実に」は「じつに」と読むこともできます。

読み手がどちらの読み方で認識をしたとしても、「本当に・まさに」という意味自体に変化はありません。

「誠に」の使い方

「誠に」は口頭でも文章中でも使うことができます。特にビジネスシーンなどでは頻繁に使われる言葉です。

「誠にありがとうございます」

お礼の言葉として使われる「誠にありがとうございます」は、本当にありがとうございますという意味です。「ありがとうございます」という言葉は、漢字にすると「有り難うございます」と言葉の重みをやや出すこともできますが、口頭の音だけで聞くと、少しありきたりなお礼の言葉に聞こえるという人も多いようです。

そこで「誠にありがとうございます」とすれば、文面ではもちろん、口頭であっても相手が心からお礼を言っているという姿勢が伝わり、気持ちのこもった言葉として受け入れてもらいやすくなります。

「誠に申し訳ございません」

「誠に申し訳ございません」は、本当に申し訳ありませんという意味です。お詫びの言葉は「申し訳ございません」「失礼いたしました」「お許しください」など、日常的に使われているものがいくつかあります。しかし、お礼の言葉と同様にどの言葉も広く使われていることから、本当に申し訳なく感じているという気持ちを乗せることが難しいという一面もあるでしょう。

この場合も「誠に申し訳ございません」「誠に失礼いたしました」など、「誠に」をつけることで、より強い誠意を伝えることができます。

「誠に遺憾」

「誠に遺憾(いかん)」とは、「大変腹立たしい」という意味です。怒りの気持ちを相手に伝えたいときに使うことができます。ビジネスシーンでは、怒りの感情を伝えることが難しいと言われています。怒りに任せた発言をすることは、ビジネスマンとして恥ずかしいことであるという概念があるためです。

そんなときに「誠に遺憾です」などと表せば、冷静に自分が不服と感じていることを伝えられます。ただし「誠に遺憾」という言い方は、かなり強い圧を持つ言葉であるため、相手を少し注意したい、という程度の怒りには使いません。

「誠に」の例文

ご来店、誠にありがとうございます。
この度は誠にご愁傷様でございます。
無理なお願いを致しまして、誠に申し訳ございません。
誠に結構なお話とは存じますが、都合により今回はご遠慮させていただきます。
誠に残念なことではありますが、致し方ありませんね。
誠に仰せの通りでございます。