反省文の例文と書き方(頭髪/学生)

反省文の例文と書き方(頭髪/学生)

中学校や高校では、頭髪の長さやスタイル、ヘアカラーの使用などについて校則で規制しているところが多く、学校によってそのルールは様々でしょう。

生徒としては、髪の長さや色くらい自由にさせてほしいと思うのはむしろ普通のことと思われますが、そのような校則がある学校に入った以上は、卒業までそのルールに従うしかありません。

校則違反で反省文の提出を求められたときは、素直にその指示に従うべきです。ただし、非の打ち所がないしっかりとした反省文を書き上げて見せましょう。

記述内容のポイントは、校則違反の事実を認めること、それに対する反省や謝罪を表明すること、そして、今後校則を遵守することを誓うこと、以上3点です。

【校則違反の反省文例文・頭髪】

頭髪に関する校則違反の反省文(※中央揃え)
(※学校の定めた書式に従って、日付け・学年・クラス・氏名などを記入します。)
私は、髪の毛の手入れを怠り、校則に定められた「肩までの長さ」よりも長い状態で登校しました。
生徒として守るべき校則に違反したことと、当校生徒にふさわしくない身なりをして学校の規律を乱したことを深く反省し、お詫びします。また、今後は髪の毛の手入れを怠らず、二度とこのような校則違反をしないよう気を付けます。