【失礼になる?】心ばかり の意味と使い方・例文

心ばかり の意味と使い方・例文

心ばかり(心許り)とは、自分の気持ちの一端を表しただけという意味で、相手に対してへりくだって言う謙譲表現です。贈り物や祝い事などでよく使われる常套語です。

心ばかりの例文

心ばかりの品で恐縮ですが、どうぞ皆様でお召し上がりください。
心ばかりの品物にてお恥ずかしい限りですが、何卒ご笑納ください。
心ばかりのお料理をご用意し、皆様のお越しをお待ちいたしております。
心許りのご挨拶の品ですので、どうぞご遠慮なくお納めください。
心許りで申し訳ございませんが、御霊前にお供え下さいますようお願い申し上げます。

「心ばかり」を使うときの注意点

「心ばかり」という言葉を「心を込めた」「心を表した」と誤って解釈されることがありますが、心ばかり」は「心の一部」「気持ちのかけら」という意味です。

贈り物をするときに「こんな物では私の気持ちを伝えることは到底できませんが」という気持ちを込めて「心ばかり」という言葉が使われます。

相手への感謝や御礼またはお詫びの気持ちの一部を物に変えて贈るのですから、あまりに高価なものや大げさなものではかえって嫌味になってしまうので注意しましょう。

「こんなに高価なものでも、私の気持ちの一部に過ぎません」という気持ちを表したいという人もいますが、贈り物は正確に気持ちが伝わらなければ意味がありません。

もしも「それだけ高価で大げさなものでなくては自分の気持ちを表せない」という場合は「私からの精一杯の感謝の気持ちでございます」など別の言葉を使いましょう。

「心ばかり」の言い換え

相手に贈り物をするときに添える言葉として「心ばかり」は大変良く使われます。「心ばかり」には類似する言い換えの言葉があります。

つまらないものですが

これは相手へ何か贈りものをする時の言葉としてとても良く使われます。自分が相手に贈るものを「つまらないもの」と表すことで、謙虚な気持ちを表すことができます。

しかし、「つまらないもの」という言い方は意見が分かれやすく、相手によってはあまり良い意味では受け取ってもらえないことがあります。

注意
贈り物をする相手が「どうして”つまらないもの”を贈ろうと考えたのか」と否定的な考えを持っている人である可能性もあるので、極力他の言葉に言い換えましょう。

お口に合うかわかりませんが・お気に召していただけると良いのですが

贈るものが食べ物であれば「お口に合うかわかりませんが」は良く使われる言葉です。

この言葉には「あなたのお口に合うかわかりませんが、私はおいしいと思うのでぜひあなたに食べて欲しくて」という気持ちを表します。

食べ物でない場合「お気に召してただけると良いのですが」という言葉と共に贈り物を渡すことが多いでしょう。

この言葉にも「気に入ってもらえるかわかりませんが、私はとても良いと思ったので贈ります」という気持ちを込めることができます。

「お口に合うかわかりませんが」「お気に召していただけると良いのですが」いずれにしても、その物の価値を自分だけで決めつけない言い方ですので、相手がどのように受け取っても大きなすれ違いが生まれることはないでしょう。