その「各位」は失礼だった?各位の正しい意味と使い方・例文

各位 の意味と使い方・例文

「各位」とは、多数の人に対して、それぞれに敬意を払って言う敬語表現です。敬語ですから、その後に様や殿などの敬称をつける必要はありません。

ただし、「お客様」や「お得意様」などの場合は、敬称の様が含まれていても、それ自体独立した名詞であるため、様を外さずに「お客様各位」・「お得意様各位」という使い方をします。

また、通常は様を付けて呼ばれる株主・会員・利用者などに対しては、「株主各位」・「会員各位」・「ご利用者各位」といった呼び方になります。

注意
しかし、この言葉はあくまでも文書言葉であり、しかも極めて硬い用語ですから、スピーチや会話、私的な書簡などでは使うべきではありません。

各位は宛名用

各位という言葉は、文章の宛名として使われます。

口頭で「○○の皆様」と伝えることは通常ですが、これが書面の宛名になると「○○の皆様」という表記に違和感や、ややカジュアルな印象を持つ人もでてきます。そこで、宛名を「○○各位」とすることで、ビジネスメールや文書全体のトーンを合わせることができるのです。

メールや書面の宛名などで「○○の皆様へ」と伝えたい時に「○○各位」とすれば「各人の位に敬称をつけて宛てている」ということを表現できます。

【各位の例文】

株主各位
拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
お客様各位
平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
□□会参加者各位へ 会場変更のお知らせ
本日、臨時総会において参加者各位のご賛同により会長に就任致しました。お客様各位のご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
つきましては、各位のご参加・ご支援を伏して懇願申し上げます。

「各位」「様」「御中」の違いと注意点

ビジネス文書やビジネスメールでの宛名では「各位」「様」「御中」のいずれかが使われることが多いでしょう。

「様」

名前の後につけることで、相手を敬っていることを表現できますし、文章でも口頭でも、単数でも複数でも自由に使うことができます。

注意
ただし、すでに敬称が含まれている役職などの後に「様」をつけることは誤りです。
  • ○ 田中部長
  • × 田中部長様

「御中」

企業などの団体に対してつける敬称です。口頭で使われることはありません。宛名は「○○御中」、口頭であれば「御社」、文章内では「貴社」とします。

したがって、宛名として団体そのものにつける敬称は御中となります。

  • ○ 株式会社△△御中
  • × 株式会社△△御社(貴社)

「各位」

各人それぞれに「様」をつけていることと同じ状態を表します。そのため「○○各位」とすれば、「○○に所属している皆様」という意味になるのです。

御中と違うのは、団体に所属している複数の人への敬称となるところです。

  • ○ 株式会社×× ○○部各位</st rong>
  • × 株式会社××御中 ○○部

各位を目上の人に使う場合の注意点

各位という言葉自体が相手への敬称である「様」を含んだ表現であるため、目上の人に使うこともできます

2名以上の複数の人に対してならば、相手が取引先などであっても「○○商事 ご担当者各位」として問題ありませんし、社内の上司を含む複数名に対して「○○部 各位」「取締役 各位」とすることも同じです。

メールや書面の宛名などで「○○の皆様へ」と伝えたい時に「○○各位」とすれば「各人の位に敬称をつけて宛てている」ということを表現できます。

ただし、この「各位」という言葉の意味は人によって認識が異なる場合があります。

「各位」は失礼になる?

本来、敬称の意味を含んでいるので、目上の方に対しても使える「各位」ですが、「様」や「御中」という文字がついていないことで「敬称を省略されていると感じる」、「各位」という文字面に「その他大勢というイメージを持っている」などの理由で、気分を害す人もいます。

そのため、相手によって「○○各位」の中に含めてしまうことが危険な場合は、宛先全員の連名で記載するか、「○○課長各位」などとすれば、○○課長の各位への認識がこちらと異なったとしても、気分を害することはないでしょう。