手紙の頭語・結語の種類と使い方

手紙の頭語・結語の種類と使い方

手紙の頭語は、王朝時代や封建時代の身分制社会における上奏文(天子に差し出す書状)や上書(君主・上司への書状)の書き出しの言葉から派生したものであり、ほとんどが「〜申し上げます」という意味です。

結語は、その言葉と対になっている終わりの言葉であり、意味は頭語とほぼ同じです。神社の祝詞(のりと)で唱えられる「かしこみかしこみもまおす」(畏み畏みも白す)に相当します。

注意
従って、頭語・結語の中には、今では時代錯誤的なふさわしくないものもあります。

ここでは、今一般に使用されているものと使用してもさほど違和感のないものに限り、頭語とそれに対応する結語を紹介します。

よく使われる頭語・結語

頭語「 拝啓 」 →→→ 結語「 敬具 」
拝啓は「伏して申し上げます」、敬具は「謹んでつまびらかに申し上げます」という意味合いです。もっとも一般的な頭語・結語です。
頭語例文) 拝啓 梅の蕾もふくらむ今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
結語例文) 末筆ながら、余寒の折、何卒ご自愛くださいませ。 敬具
頭語「 謹啓 」 →→→ 結語「 敬白 」
謹啓・敬白のどちらも「謹んで申し上げます」という意味です。拝啓・敬具よりも敬意が強く、改まった丁重な敬語遣いの手紙文に向いています。
頭語例文) 謹啓 菊花の候、貴殿におかれては愈々ご健勝の趣、祝着至極に存じます。
結語例文) 略儀ながら、書中を以ってお祝い申し上げます。  敬白
頭語「 前略 」 →→→ 結語「 草々 」
前略は前文省略のこと、草々は「草稿」と同様に走り書きという意味合いです。前文の時候の挨拶や安否伺いを省略するときに、てみじかで簡単なことを詫びる意味で使います。
頭語例文) 前略 この度は、急に面倒なお願いを致しまして申し訳ありませんでした。
結語例文) 簡単ではございますが、取り急ぎお知らせまで。  草々

あまり使われない頭語・結語

頭語「 謹啓 」 →→→ 結語「 拝具 」
謹啓は「謹んで申し上げます」、拝具は「伏してつまびらかに申し上げます」という意味合いです。敬意の強さは謹啓・敬白と同等ですが、謹啓・敬白ほど一般的ではありません。
頭語例文) 謹啓 師走の候、貴社益々ご繁盛のこととお慶び申し上げます。
結語例文) 末筆ながら、ご多忙の折、何卒ご自愛専一に。   拝具

返信だけで使う頭語・結語

頭語「 拝復 」 →→→ 結語「 敬具 」
拝復は「伏してお答えします」、敬具は「謹んでつまびらかに申し上げます」という意味合いです。拝復は、用件があって受け取った手紙への返信で使う頭語です。ご機嫌伺いやお見舞いの手紙に対するお礼状にはふさわしくありません。用件について即答すべき手紙ですので、前略のように前文の時候の挨拶や安否伺いを省略しても構いません。
頭語例文) 拝復 この度は、たいへん興味深い情報をお寄せいただき、厚く御礼申し上げます。
結語例文) 略儀ながら、書中にて御礼申し上げます。     敬具