手紙の頭語・結語の種類と使い方

手紙の「頭語」と「結語」の意味と読み方

「頭語・結語」は「とうご・けつご」と読みます。「頭語・結語」はどちらも手紙に使うもので、必ず頭語と結語をセットで使います。

「頭語」とは、会話で言う挨拶にあたるもので、手紙の書き始めに書きます。「結語」は会話で言う結びの言葉で、手紙の最後に書きます。

手紙は対面の会話と違って「こんにちは」と頭を下げたり、「それではさようなら」と手を振ったりすることができません。その動きとそれに伴う感情を「頭語・結語」という言葉で表します。

手紙の頭語・結語の種類と使い方

「頭語」と「結語」はセットで使う、ということは先にお伝えしました。しかしどんな組み合わせでも良いということはありません。「頭語」と「結語」は決まった組み合わせで使う必要があります。

また、組み合わせが合っていても、その組み合わせが状況や手紙の内容に合っていないこともあるため、手紙を書くときは確認をするようにしましょう。

頭語「拝啓」・結語「敬具」

「拝啓(はいけい)・敬具(けいぐ)」の組み合わせは、もっとも一般的な「頭語・結語」の組み合わせです。通常の手紙であれば、この「拝啓・敬具」をセットにすることで、正しい手紙の形式にすることができます。

「拝啓」とは「伏して申し上げます」という意味の頭語です。相手に敬意を払い、頭を下げて挨拶をしている様子を文字にしています。「敬具」とは「謹んで申し上げます」という意味の言葉です。手紙を終えるときに「私が伝えたいことは以上です」という意味で用います。

「拝啓・敬具」の組み合わせは、自分と相手の立場に関係なく使います。相手が部下などであっても、手紙のマナーとして使う頭語と結語であることを知っておきましょう。
頭語例文) 拝啓 梅の蕾もふくらむ今日この頃、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。
結語例文) 末筆ながら、余寒の折、何卒ご自愛くださいませ。 敬具

頭語「謹啓」・結語「敬白」

「謹啓(きんけい)・敬白(けいはく)」の組み合わせは、特に敬意を払わなくてはならない相手に使う、頭語と結語の組み合わせです。改まった低調な敬語を使う手紙に用います。

「謹啓」とは「謹んで申し上げます」という意味の言葉で、手紙の始まりから相手に対して深く頭を下げる様子を表します。「敬白」とは、「敬具」と同じく自分が伝えたいことは以上ですという意味ですが、「敬具」よりも深い敬意を表す言葉です。

相手が目上の方で、かつ自分との距離が近くはない方への手紙や、改めてお願いしたいこと、お祝いしたいことなどがある手紙などに用いられることが多い組み合わせです。
頭語例文) 謹啓 菊花の候、貴殿におかれては愈々ご健勝の趣、祝着至極に存じます。
結語例文) 略儀ながら、書中を以ってお祝い申し上げます。  敬白

頭語「前略」・結語「草々」

「前略(ぜんりゃく)・草々(そうそう)」の組み合わせは、簡単な挨拶で済む相手に対して使う頭語と結語の組み合わせです。簡単な用件や、気心の知れた相手への添え文として使われます。

「前略」とは、文字通り「前(前文)を略す」という意味で、挨拶は簡単に済ませますという意味です。「草々」とは「簡単に済ませる」粗末な」という意味があります。「それでは粗末な挨拶ですがこれで終わります」というニュアンスです。

近しい人へ出す、ちょっとした用件の手紙や、品物を贈るときの添え文として使われる組み合わせです。
頭語例文) 前略 この度は、急に面倒なお願いを致しまして申し訳ありませんでした。
結語例文) 簡単ではございますが、取り急ぎお知らせまで。  草々

頭語「急啓」・結語「敬具」「草々」

「急啓(きゅうけい)」とは、「急ぎ申し上げます」という意味の頭語です。急な用件や、急いで伝えなければならないことがある場合に使います。

通常の手紙では、イメージとして「頭語」で相手にゆっくりと挨拶をしますが、内容によっては挨拶を急ぐことも相手への思いやりとなることがあります。たとえば謝罪やお詫びの手紙などです。

相手が気分を悪くしていたり、困っていたりする状況で、手紙とは言えゆっくりと挨拶をすることは相手の意に添いません。そのため「急啓」という言葉で「急いで手紙を書いています」という様子を伝えます。「急啓」の直後から用件を書き始めます。

「急啓」の結語は「敬具」または「草々」です。一般的には「敬具」が使われます。

頭語例文) 急啓 この度は弊社製品の不具合でご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
結語例文) 今後のご対応につきましてはただ今確認中でございます。取り急ぎお詫び申し上げます。   拝具

頭語「拝復」・結語「敬具」

「拝復(はいふく)」とは、相手から届いた手紙に応えるという意味の頭語です。言葉のイメージは「拝むように謹んで答えます」というものです。相手からの手紙を受け取り、その手紙に返事が必要な場合に用いる頭語が「拝復」で、結語には「敬具」を使います。

相手から手紙で質問をされた場合や、様子うかがいの手紙をもらった場合、または安否を確認する手紙が届いた場合などに用いることが多い頭語です。

「複」という文字は、往復の複ですので相手からの手紙の返事にしか「拝復」は使えません。

頭語例文) 拝復 この度は、たいへん興味深い情報をお寄せいただき、厚く御礼申し上げます。
結語例文) 略儀ながら、書中にて御礼申し上げます。     敬具