高校生の反省文の例文(遅刻)

高校生の反省文の書き方

何らかの理由で校則違反を犯してしまった時、学校に提出するよう言われるのが反省文です。高校生は未成年ではありますが、義務教育を終えた後に進級を自ら希望してなったわけですから、自分の言動には責任が伴います。校則違反に対する反省を強く促されているのできちんとした文章を書く必要があります。

スポンサードリンク

また進級で担任が変わった時に生徒の現状を把握し指導の目安とするために使用されるという意味が加えられることも珍しくありません。

反省文は早めに提出!

反省文は提出を求められたらなるべく早く提出します。反省していることを態度でも示すためにできるだけ言われた当日中に出すようにしましょう。

高校生の反省文の例文(遅刻)

私はこの度決められた登校時間までに登校せず○月に○回遅刻いたしました。そのために一時限目の授業において大切な内容を聞くことができず、また途中入室したことで担任の□□先生やクラスの皆さんにも迷惑をかけることになってしまいました。大変申し訳ありませんでした。

遅刻を繰り返した理由は主に夜更かしです。深夜0時を過ぎてもパソコンでゲームをしていたため朝決められた時間に起床できず、遅刻するという結果を招きました。

今後は夜更かしをしないよう生活態度を改め、登校時間を守って一時限目からきちんと授業を受けることを心がけます。本当に申し訳ありませんでした。


スポンサードリンク

スポンサードリンク



いつも応援ありがとうございます。
もしこのサイトが、お役にたてたら...いいね♪やツイート♪をよろしくお願いします♪(^.^)


この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

例文を検索!(例)お礼状 例文
Loading