【目上へ】ご配慮 の意味と使い方・例文

ご配慮 の意味と使い方・例文

「配慮」とは、気を遣う、気を配ることであり、「気配り」・「心遣い」と同義語です。

敬意を表す接頭語の「御」(読みは「ご」)が付いた場合は敬語表現となり、年長者や立場が上の人、その他敬意を払うべき相手からの心遣いを意味することとなります。

「配慮」が「気配り」や「心遣い」と異なる点は、漢語由来の音読みの熟語であることです。

訓読みの「気配り」や「心遣い」は、商用でも挨拶文などでは問題なく使用できますが、漢字熟語が多用されているビジネスレターやレポート・論文などにはふさわしくありません。その点、「配慮」や「ご配慮」は、どのような文面でも使用できます。

ご配慮の例文

日頃より格別のご配慮と手厚いご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。

仙石様のご配慮により、この度の重任を全うすることが出来ました。

子供たちへの温かいご配慮に、心より感謝申し上げます。

勝手を申しまして恐縮ですが、ご配慮願えませんでしょうか。

緊急輸送に付き、遅延なきよう格別のご配慮願います。

このたびは弊社への緊急融資をお引き受けくださり、誠にありがとうございます。御社におかれては、平素より格別のお引き立てを頂いております上に、このたびの融資では手厚いご配慮を賜りまして、衷心より御礼申し上げます。

このたびの納期遅延はひとえに当方の不手際によるものでございますが、御社におかれては寛大なるご配慮を賜り、誠にありがとうございます。今後はお客様にこのようなご迷惑を二度とお掛けしないよう、設備管理をはじめとして業務全般の改善に努めてまいります。

以下の国々や地域では、紛争・内戦・テロ等によって治安が悪化しています。当該地域への出張が必要なときは、現地の治安情勢について事前に海外支店や取引企業へ問い合わせ、紛争・犯罪・事故等に巻き込まれないよう慎重なご配慮をお願いいたします。

このたびのツアー企画では、参加者の年齢と天候の変化にもご配慮くださり、ゆとりのある快適なプランを立てて頂きまして誠にありがとうございました。お蔭で、参加者へのアンケートでは、全員から高満足度の及第点の回答を頂くことができました。

このたびの弊社本町支店の開設に際しましては、ご丁寧なご祝電とお花を頂戴し、誠にありがとうございました。いつもながらの温かいご配慮に、心より感謝致しております。

マンション屋上のアスファルトによる防水加工につきましては、悪臭に関する苦情と健康被害を懸念する声が近隣住民から少なからず寄せられています。アスファルトを使用する際は、風向きと蒸気の拡散防止にご配慮されますようお願い致します。

この除光液は、主成分として有機溶剤のアセトンを使用しています。アセトンは気化して室内に溜まりやすく、大量に吸い込むと頭痛や失神を引き起こし、気管支炎の原因ともなります。ご使用のときは、乳幼児のいる部屋ではご使用にならないようご配慮いただき、かならず十分な換気を行ってください。

「ご配慮」を使える場面

「配慮」とは、自分や相手が誰かに対して「気を配る」「気を遣う」ということを意味する言葉です。

「ご配慮いただきありがとうございます」と相手への感謝を伝えたり、「ご迷惑をおかけしないよう配慮いたします」など自分が気を配る場合にも使うことができます。

特に自分に対して使う時は「気をつけます」ではビジネス感に欠けてしまいやすいので、「配慮します」「善処します」などと言い換えると良いです。

「ご配慮」を目上の人に使う

丁寧語の「ご」が付けば、「ご配慮」という言葉自体が尊敬語ですので、もちろん目上の人へ使うことができます。

「ご配慮願います」「ご配慮いただきますようお願い申し上げます」など、目上の人へ「気をつけておいてくださいね」「上手く対応してくださいね」という気持ちを伝えたい場面では非常に使いやすい言葉でしょう。

しかし、「ご配慮」という言葉は同僚にも使える言葉ですので、人によっては「少し軽い印象」を受ける人もいます。誤解や失敗を招きたくない時は別の言葉に置き換えてみても良いでしょう。

「お心配り」

「心を配る」という柔らかい言葉は相手の心に馴染みやすく、好意的に受け取ってもらいやすいでしょう。

「自分のために、あれこれと気を配ってくださった」ということを表す表現です。「お心配りに感謝いたします」などと伝えることで、相手は「こちらの気遣いに感謝してくれている」とスムーズに受け止めることができます。

また、「私の心配りが足りずご迷惑をおかけいたしました」など、自分の不注意で起こったミスの謝罪時にも使うことができます。「私がもっと気をつけておけば良かったのに」という気持ちを「心配りが足りない」という表現を使って伝えることができるのです。

「ご恩情(ご温情)ごおんじょう)

これは、ビジネスシーンよりも友人関係や先輩後輩関係、師弟関係などで使う機会が多い言葉です。

相手の恩義や情けによって救われていることへのお礼を伝えることができます。「ご恩情に心よりお礼申し上げます」「これまでにいただいたご温情に感謝いたします」などと使うことができます。

「お心尽くし」

相手のために心を込めて尽くすことを「心尽くし」と表現します。

「お心尽くしに感謝いたします」と言えば、「自分のために心を込めて尽くしてくださったことに感謝をしています」という意味です。

また、「お心尽くし」は人の気持ちそのものだけでなく、物に対しても使うことができます。

たとえば何かプレゼントや食事をいただいた場合に「お心尽くしの品をいただき、誠にありがとうございます」とお礼を伝えることも可能です。