「よしもない」意味と類語・「知る由もない」の例文

「よしもない」の意味と漢字

まずは「よしもない」の意味と漢字について解説します。

「よしもない」とは「手段がない」

「よしもない」とは、手段や方法がない、という意味です。

あの時、僕は彼にそのことを伝えるよしもなかった、彼はすでに飛行機の中だったからだ

前回、このトラブルをどうやって乗り越えたのか、前任者に聞きたくても退職をしてしまっていて、聞くよしもない

「よしもない」の「よし」は、方法や手段のことです。後に続く「もない」の「も」には、「~すら」を意味しています。「すこし”も”ない」「連絡”も”ない」などの「も」です。「ない」は「無い」です。

つまり「よしもない」は「方法や手段すらもない、到底無理だ」というニュアンスを含んでいます。

「よしもない」の漢字・語源は「由もない」

「よしもない」には漢字があります。「よしもない」を漢字で書くと「由もない」です。

「由」を使った言葉に「由無い(よしない)」があります。「由無い」にはいくつかの意味がありますが、その中の一つが「なすべき方法がない・仕方がない」です。

「由無い」のこの意味に、強調の「も」が加わって「由もない」という言葉になったと言われています。

「よしもない」の使い方と例文

次に「よしもない」の使い方を解説します。

「よしもない」は対策が立てられないことに使う

「よしもない」は「手段や方法がない」という意味です。

そのため、その事柄をどうにかしたくても、対策すら立てられない場面で使います。工夫をすればどうにか対策が立てられる、という場合には「よしもない」よりも「難しい・困難」など別の言葉を使った方が自然です。

「よしもない」は、どんなに手を尽くしたとしてもできないことについて使います。

例えば、すでに時が過ぎてしまった過去の瞬間について知ることや、特定の人しか知らないことをその人に聞きたくても、すでにその人がいない、などです。

「知る由もない」とは知るための方法がないこと

「よしもない」を使った言葉で、頻繁に見聞きするのが「知る由もない(しるよしもない)」です。「知る由もない」とは、真相を知りたくても、知るための方法や手段がない、という意味です。

① 私が退社した後に、会社でそんな事件が起きていたなんて、私には知る由もなかった

② いつも元気そうだった彼が、実はそんな悩みを抱えていたなんて、誰も知る由もない

「知る由もない」は、状況的に知りたくても知ることができなかっただろう、と考えられることに使います(例文①)。

「知る由もない」には、単に知る方法がないという意味以外にも、「知ろうとすることすらできないほど、全く知らない、想像もしていなかった」という意味でも使えます(例文②)。

「よしもない」の言い換えに使える類義語

次に「よしもない」の類語について解説します。

「知る術もない」の「術もない」

「術(すべ)もない」とは、手段がないという意味です。「よしもない」と同じように、方法や手段がないことを意味します。「術もない」は、「知る術もない」というフレーズで使われることが多い言葉です。

当時の私は入社したばかりで、仕事を覚えることに精一杯でした、その私がそんな重要機密を知る術もありません

この世界の情勢に、私たち一企業は為す術もありません

「術もない」は、「為す術もない」というフレーズでも使われます。「為す」とは「する・やる」という行動を指す言葉です。そのため、「為す術もない」とは、手も足も出ない、どうすれば良いかすらわからない、という意味です。

「栓無い」はなすべき手法がない

「栓無い(せんない)」とは、なすべき手段がない・仕方がない、という意味です。

最近体調が思わしくなくて、疲れがたまっているようです、しかしなかなか休めず…詮無いことです

うちは田舎なので生活には車が欠かせません、ガソリン代もバカになりませんが、こればかりは詮無いことですね

「栓無い」は、栓の無い・栓なし、など他の言い方でも同じ意味として使われます。「よしもない」に比べると、「栓無い」を使うのは、手段や方法がなくて困っている本人であることが多いでしょう。

相手の話を聞いて「栓無いですね」など、相槌に使うことはできますが、ビジネスシーンでは聞き手が「栓無い」を使うことはあまりないでしょう。

「よしもない」の英語表現

最後に「よしもない」の英語表現について解説します。

「よしもない」は英語で「little did I know」

「よしもない」を英語で表す場合は、「little did I know」を使います。

Little did she knows she was about to come across the stranger.(見知らぬ人に遭遇するなんて彼女は知る由もなかった)

Little did he knows he forgot to set the alarm.(彼が目覚ましをセットし忘れたことを知る由もなかった)

「little did I know」は、日本語の「よしもない」という意味でも使えますが、同時に「思いも寄らない」という意味でも使えます。